このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年   活動年表 ( Activity history of 1996 )

1995年から始めた『ジムカーナグランプリ』だが、実際に各地を転戦すると熱気は予想以上で、地域を超えての交流に対する欲求や需要が高い事を明らかになる。

この交流熱気が育まれた要因は、『車両レギュレーション』の統一の他に、全員で運営スタッフを担当する『全員スタッフ全員参加制』、そしてライディングスキルを明確にする『タイム指数』の採用と指数によるクラス分けなどによる影響と考えられる。
『ジムカーナグランプリ』ではスタッフ同士が地域を超えて一緒に業務を担当し、共通のレギュレーションの車両での参加、そして指数からライバルが分かる事などから、一般的な競技イベントでは見られないほど深い交流を生む効果を発揮した。
そういった熱気が熱気を呼び、『ジムカーナグランプリ』だけでなく近畿地区を始めとする各地域での参加者数は増加の一途を辿るようになる。

二輪マスコミ各誌へのリリース発送から、『ジムカーナグランプリ』の開催案内が複数の誌面で継続掲載され、九州地区でのジムカーナグランプリ開催開始や新規開催会場の確保と相まって、ジムカーナへの関心と参加者数増加の要因となった。

企画開催数

 34 イベント (内 走行関連:33

グランプリ * 6.   パーティ * 2.  レッスン * 15.  練習会 * 5.
セッティング * 1   鈴鹿合宿 * 4   他
総参加人数
 1992 当日参加人数の合計 (企画・事務・運営スタッフ人数を含まず)

前年度へ
活動年表のTOPページへ移動します
※ 下の一覧表から、イベントにマウスを合わせてクリックして、開催イベント情報をご覧ください!
Please click an event in the following list and see information on a held event.
 
他レッスン
その他
1月
       

2

             

3

         
4月
       

5

         
6月
       
9日
セッティング
講座

(日立ドライバ
ーズスクール)
 
7月
       
8月
         
9月
     
10月
     
11月
       
12月
     
14日
忘年会

前年度へ
活動年表のTOPページへ移動します


  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!
電子メール送信用のウィンドウが開きます。 ご連絡をお待ちしています!♪

メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.