前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2002年   活動年表 (活動履歴)

脱皮計画(第1期)』は2年目を迎え、“わいわい”と称する新しい運営スタイルがようやく浸透し始める。

事前に決められた全てのスタッフ配分をきちんとこなすという以前のスタイルから、主なスタッフだけを事前に決め、残りはイベント当日の自発的な立候補・行動を促す方式へと変更する。
これによって、イベント活動を継続させる事の大変さを共有し、それをきっかけに協力し合う大切さや活動目標の共有へと進む事を期待する。
しかし、「オートバイの社会的な認知度向上」という目標の本質との距離感は残す。

また、『脱皮計画』により一気に参加者数減少を引き起こした影響が残り、現金収入減少による赤字財政となった事が新たな課題として浮上する。
新スタイル浸透により参加者数は増加していたが、イベント開催数を抑えての啓発活動を継続するか判断に迷う段階となる。
イベント内容見直し処理のために、この年は『ジムカーナレッスン』の開催を行なわず。

企画開催数

 25 イベント (内 走行関連:22

グランプリ * 10.     レッスン * 2.  練習会 * 6.
セッティング * 0   鈴鹿合宿 * 3   他
総参加人数
 731 当日参加人数の合計 (企画・事務・運営スタッフ人数を含まず)

前年度へ
活動年表のTOPページへ移動します
※ 下の一覧表から、希望するイベントにマウスを合わせてクリックすると、該当するデータが表示されます!
 
他レッスン
その他
1月
 
 
 
 
 
27日
草ジムカーナ
ミーティング

2

 
 
 
 
23〜24日
鈴鹿合宿
 

3

 
 
 
 
 
4月
 
 
 
 
 

5

 
 
 
 
6月
 
 
22〜23日
鈴鹿合宿
 
7月
 
 
 
 
28日
GRA
ミーティング
8月
 
18日
“わいわい”
なんでも練習会

(月の輪
自動車教習所)
13日
鈴鹿レッスン
 
9月
 
 
 
 
10月
 
 
5〜6日
鈴鹿合宿
 
11月
 
 
 
 
12月
 
 
 
21日
忘年会

前年度へ
活動年表のTOPページへ移動します


『メニューページ』へ移動します。 ページをたくさん開いて迷子になった時に使うと便利です。
表紙の 『Topページ』 へ移動します。 Topページへ戻る
前ページに戻る 前ページに戻る

「サイトページ一覧」 へ移動します
用語解説辞典ページ へ
オートバイ基本講座ページ へ
『活動ポリシー』 のページ へ


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.