前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

GRA

 用語解説辞典

どなたにも理解してもらうため、専門的な用語の解説&説明を、ご質問やご要望に合わせて、順次追加しています。
皆さんからの、お問い合わせやご提案をお待ちしております。

 


用語 解説・説明 詳細  



 最高速(度)
  
(さいこうそく・ど)

ここでは、コースの特定の場所で計測した速度の事です。
GRAでは、ジムカーナグランプリなどのイベントの場合には、コースの中で最も速度が出せる場所で速度計測を行ない、MC(司会)担当者が盛り上げに使っています。
(参考例 ・・ 【 1995年4月・京都GP】)
その計測は光電管方式で正確に行ない、最も高い速度を残した人には賞を出していたので、中にはタイムは度外視して最高速度だけを狙って走る人も居て、とても盛り上がりました。
( 関連用語 ・ ・コースジムカーナグランプリ光電管方式

   



 サークル理論
  
(さーくるりろん)

オートバイの走行ラインとライディング解析に必要な理論。
オートバイに備わっている運動特性から、バンクさせて走行する際に描くラインを理論的に解析した理論で、これを理解する事によりオートバイ本来の運動能力を最大限に活かしたライディングを理解して、安全率の高い走行が実現できます。
( 関連用語 ・ ・ 基本サークルクロソイド的ライン

詳細に解説したページへ移動します GRA が生み出して広まった “造語” です



 サスペンション
  
(さすぺんしょん)

前後のタイヤと車体とを繋いでいる装置・部品の事です。
馬車が使われていた頃に生まれた装置と言われ、当時の凸凹の道を走る際に、乗員や荷物、車体を路面からの衝撃から守る為に発明され普及しました。 現代では、空気入りタイヤと平滑な舗装路面の恩恵から、その目的は大きく変化しています。
ここでは、タイヤのグリップ力を最大限活用する為の重要な装置・部品として捉えて解説を行ないます。

   
 

 参加クラス
  
(さんかくらす)

イベントの運営上、グループ分けされた参加枠の事です。
GRAでは、レッスンなどの場合には自己申告に沿ったクラス(グループ)分けを行ないますが、「ジムカーナグランプリ」のような大会形式のイベントの場合には、その人の基本タイム指数によってクラス分けを行なっています。
( 関連用語 ・ ・レッスンジムカーナグランプリ基本タイム指数

   
 

 

 

   

用語 解説・説明 詳細  



 自己申告 (じこしんこく)

自らの意思を行動でもって示す事です。
GRAでは、1991年の発足以来、自ら受講したいレッスンレベルは自ら申告するのが基本で、それを基にクラス分け(編成)を行なってきました。また、1992年からの「全員スタッフ全員参加制」では、自ら担当を希望するイベント当日の運営スタッフを申告するのを基本とするなど、参加する人の意思をイベント運営に反映してきました。
この考え方は活動を経る度に深化し、2009年からの「わがまま発揮制」までに至り、自らの意思でイベントの内容を深めるまでの原動力として活かしています。
( 関連用語 ・ ・ 全員スタッフ全員参加制わがまま発揮制

   



 実力発揮度
  
(じつりょくはっきど)

イベントでのタイム測定の結果、その人がどの程度上手になったのかどうかを表わす数値です。 その日のタイム測定で出たタイム指数(結果タイム指数)を、その人の過去一番良かったタイム指数(基本タイム指数)で割って算出します。
この実力発揮度に応じて、上手になった人を表彰しています。
( 関連用語 ・ ・ タイム指数基本タイム指数結果タイム指数



GRA が生み出して広まった “造語” です



 実力発揮度順位
  
(じつりょくはっきど
        じゅんい)

イベントでのタイム測定の結果、上手になった人の順位です。
実力発揮度が良かった順番でつけた順位で、単にタイムが良さやタイム指数の大小よりも、GRAが大切にしている事の一つです。 〔第2期・脱皮計画〕の 2005年以降は、全国シリーズ戦を除き、全てのリザルトはこの順位順に記載しています。
( 関連用語 ・ ・ タイム指数第2期・脱皮計画全国シリーズ戦



GRA が生み出して広まった “造語” です



 氏名 (しめい)

ここでは、参加した人の名前の事です。
GRAでは、1991年の発足以来、あらゆる資料には参加した人の氏名を正確に記載して、記録として残しています。

   



 ジムカーナ (じむかーな)

馬や車・オートバイを使って走行タイムを競う競技の事です。
代表:小林がオートバイで行なうこの競技に1986年から惹きつけられ、より多くの人にこの競技の楽しさと奥深さを広めるために、このGRAを1991年に設立するに至っています。
世界的な認知度は、馬術競技の一つとして最も多くに知られ、日本国内では車を使った競技として知られていますが、オートバイを使った競技としての認知度はさほど高くありません。



ウィキペデイアの解説ページを開きます

ウィキペデイアの解説ページを開きます



 ジムカーナグランプリ
  (じむかーなぐらんぷり)

ジムカーナで全国を転戦して交流を深めるイベントです。
1991年のGRA設立以来、GRAの活動を参考に全国各地に同様な団体が誕生したのを契機にして、更なる交流と浸透を目的にGRAが1995年から開催を始めたもので、全国各地を転戦してクラス別のチャンピオンを決定するシリーズ戦です。
最終的には、沖縄から北海道までの全国各地での開催が実現して、マスコミや協賛会社などへの最大のアピールイベントとなりました。 2001年以降からは『“草”ジムカーナグランプリ』、2005年からは『GRAツアー』と名称を変えて現在に至っています。
( 関連用語 ・ ・ “草”ジムカーナグランプリGRAツアー



GRA が生み出して広まった “造語” です



 ジムカーナパーティ
  (じむかーなぱーてぃ)

ジムカーナの楽しさ参加者全員で味わえるイベントです。
GRAでは、1991年の設立当初から、オートバイを気軽に楽しむ事と、他の多くのライダーと協力し合って楽しむ企画として、年に2回開催してきました。
楽しさを高める特徴ある企画として、テーマとテーマカラーを設定して、それに合わせたコース設定や服装規定、オートバイを使ってのゲーム大会、プレゼント交換会などがありますが、何よりも全員で一緒になって協力して運営と“盛り上げ”をする雰囲気になっている事が一番の特徴です。 このパーティの運営主旨から、1991年から「全員スタッフ全員参加制」が誕生して、1992年からは本格的に他の開催イベント全てに導入されていきました。
( 関連用語 ・ ・ テーマテーマカラー全員スタッフ全員参加制


GRA が生み出して広まった “造語” です



 ジムカーナレッスン
  (じむかーなれっすん)

ジムカーナの楽しさと良さを伝えるためのイベントです。
GRAでは、1991年の設立当初から、より多くの人にオートバイを操る楽しさを伝えるために、このレッスンイベントを日本で初めて開催を行ない、その後も年間に6〜8回程開催をしています。また、1994年からは初級者対象のレッスンイベントとして「ベーシックジムカーナ」を年に4〜5回程度、1997年からは女性対象のレッスンイベントを開催しています。
( 関連用語 ・ ・ イベントレッスンベーシクジムカーナ


GRA が生み出して広まった “造語” です



 車高 (しゃこう)

オートバイの車体自体の高さを示す言葉です。
オートバイの最適な操縦安定性を得る為には、前部の車高と後部の車高を適切に調整・管理する事が大切です。
ライダーが乗車時と空車時の高さ、やサスペンションの調整により変化する高さ、そして加減速やターン時の高さを計測する事が車両セッティングの基本です。
測定場所と方法は、前部はフロントフォークの動作残り代(シロ)、後部はリアホイールのアクスル中心から上部のシートカウル部の任意設定箇所迄を、ノギスやメジャーで測定します。
( 関連用語 ・ ・ ノギスメジャーサスペンションアクスル

   



 車高バランス
 
(しゃこうばらんす)

オートバイがバンク動作する際の大切な調整項目の一つ。
オートバイの車体(サスペンション)セッティングの基本作業の一つ、前後の車高のバランスを取る作業で使う言葉・概念です。オートバイの前部の車高と後部の車高とのバランスが崩れていると、自然なバンク動作が得にくく、無理なバンク動作による不安定感からライダー自身が乗り難さや怖さを感じる原因になります。
前後の車高バランスをとる事で、ストレス無いバンク動作や前後のタイヤのグリップを最大限活用する事に繋がります。
( 関連用語 ・ ・ バンクセッテイング車高

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 車両 (しゃりょう)

ここでは、オートバイの事でありその名称を指します。
記録する枠の制限もあって、メーカーの名称は無く、記号だけの名称も多く、オートバイに関心の無い方々にとっては馴染みの無い表現になっている事をお詫び致します。

   



 車両名 (しゃりょうめい)

参加した人が使用したオートバイの名称です。
記録する枠の制限もあって、メーカーの名称は無く、記号だけの名称も多く、オートバイに関心の無い方々にとっては馴染みの無い表現になっている事をお詫び致します。

   



 車両レギュレーション
 
(しゃりょう
       れぎゅれーしょん)

参加する車両の改造・変更範囲を制限する決まりの事です。
GRAでは、より多くの人と一緒にオートバイを楽しみ、それを広く社会全般から認めてもらう事を目的に活動しており、限度を超えてのオートバイの改造や変更によって速くしようとする行為は、参加者の間で強い不公平感を招いたり、活動そのものを続けられなく恐れがあり、1993年から導入しています。

詳細に解説したページへ移動します  



 車輪 (しゃりん)

荷車など、回転させる事で物の移動を助ける部品の総称です。
オートバイの場合には、前後に一つずつあり、それに取り付けられたタイヤによって路面と接して車体を支えていて、前の車輪を前輪、後ろの車輪を後輪と言い、タイヤも含めた一体の部品として呼ぶ場合もありま。
別な呼称で「ホイール」(Wheel)とも言います。
( 関連用語 ・ ・ タイヤ前輪後輪

  ウィキペデイアの解説ページを開きます



 奨学飴(しょうがくあめ)

GRAで開催したイベントで、頑張った人を表彰する時に使う“飴”の事です。特に、タイム測定の結果で、以前より上手になった人(タイム指数を更新した人)を表彰する際に使います。( 関連用語 ・ ・ 奨学飴制度タイム指数タイム測定


GRA が生み出して広まった “造語” です



 奨学飴制度
  (しょうがくあめせいど)

上手になった人や実力を伸ばした人を、参加者全員の前で表彰する GRA独自の制度です。その日のタイム測定の結果から、一番多く上手になった人ほど、より多くの飴(奨学飴)を賞品として受け取るシステムで、イベントの中で最も盛り上がる場面の一つです。( 関連用語 ・ ・奨学飴もうひと開け賞


GRA が生み出して広まった “造語” です



 奨学飴引換券
  (しょうがくあめ
         ひきかえけん)

奨学飴と引き換えができる券の事です。
タイム測定をした当日に奨学飴で表彰するのではなく、次に参加した際に表彰する方式を採用した時に発行している券ですが、当日に行なわない理由は時間の節約をするためです。 というのは、測定結果から実力発揮度を記載したリザルトを作成するには人手と時間が必要になるため、後日リザルトと一緒に引換券を発送する事で、当日のカリキュラムを充実させる事を狙ったからです。 2008年当時から採用したシステムです。
( 関連用語 ・ ・ 奨学飴タイム測定リザルト実力発揮度

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 順位 (じゅんい)

特定の数値を基準に、その大きさ順での順番の事です。
GRAでは、リザルトなどで使用しています。

   
 

 心技体バイク
  (しんぎたいばいく)

GRAが皆さんに提唱する標語であり、活動のテーマです。
【オートバイにいつまでも、楽しく、安全に、乗り続ける】を実現させるためには、四つの要素“心”、“技”、“体”、“オートバイ”をバランス良く高める事を提唱しています。
オートバイとライディングスキルや身体との調和(バランス)が大切で、正しい整備や調整があってこそ正しいライディングスキルが身に付き、自身の心理状態の把握や社会との調和を意識しなくては長く乗り続けられない等、この四つの要素の調和(バランス)が大切だとGRAでは考えています。
( 関連用語 ・ ・ バランスライディングスキル

詳細に解説したページへ移動します GRA が生み出して広まった “造語” です
 

 

 

   
用語 解説・説明 詳細  



 鈴鹿合宿
  (すずかがっしゅく)

三重県にある鈴鹿サーキットの交通教育センターの施設を利用して行なう、一泊二日の合宿形式のレッスンの事です。
GRA独自のアレンジのカリキュラムや練習コース設定とタイム測定、そしてトライアル車による不整地走行など、多彩なメニュー内容で、総合的なレベルアップを達成します。
1991年から始めていますが、それ以前から代表・小林が独自に企画開催していた「こばジム」が名称を変えた企画です。
( 関連用語 ・ ・ 鈴鹿レッスン

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 鈴鹿レッスン
  (すずかれっすん)

合宿と同様、鈴鹿サーキットの交通教育センターの施設を利用してのレッスンですが、宿泊無しの一日コースとして、より気軽に参加できるよう 2002年から開催しています。
トライアル車による練習などは無いものの、独自設定のコーススラローム練習とタイムトライアル主体のカリキュラムです。
( 関連用語 ・ ・ 鈴鹿合宿

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 スターター
  (すたーたー)

スタート地点付近に立ち、スタートの合図を出す役割の人。
一見、とても簡単なスタッフ職に見えますが、タイム測定の進行やこれからスタートする人の気持ちのコントロールを担当できたりと、タイム測定の盛り上がりにとって重要な役割です。 ( 関連用語 ・ ・ スタートタイム測定

   



 スタート
  (すたーと)

一般的な意味と同じく、「 出発 」の意味です。
ジムカーナの様にタイムトライアルを行なう競技の場合は、タイム計測が始まる地点を表し、スタート地点に引かれた線を前輪タイヤの前端部に合わして、スターター役の人の合図に従って出発します。
( 関連用語 ・ ・ ジムカーナタイムトライアルスターター

   



 ステアリング
  (すてありんぐ)

直訳では船などの操舵輪で、一般にはハンドルの事です。
時には、「舵を切ること」=「ハンドル操作をすること」という意味で使われる事もあります。
( 関連用語 ・ ・ ハンドル

   



 スロットル
  (すろっとる)

空気などが流れる通路を開け閉めする弁(バルブ)の事です。
エンジンの場合には、エンジンが吸い込む空気(混合器)が流れる通路にあり、その弁の開け閉めによってエンジン回転数を微妙に制御(コントロール)する構造になっていて、その働きから一般的にはアクセルと表現しています。
オートバイの場合には、右側のグリップでエンジン回転数を制御する構造になっていて、そのグリップをスロットルグリップとも呼んでいます。
( 関連用語 ・ ・ エンジン回転数、  アクセル

   
 

 スロットルコントロール
  (すろっとるこんとろーる)

アクセルの開け方を意識して操作する事です。
右手で操作するアクセル(グリップ)は、エンジンの回転数を制御する装置の部品(スロットル)を直接コントロールしているため、アクセルコントロールの事をこう表現もします。
( 関連用語 ・ ・ アクセルアクセルコントロールグリップ

   
         

用語 解説・説明 詳細
 



 整備  (せいび)

一般的には、調子や状態を整える作業の事です。
GRAでは、オートバイの汚れを落とす作業から、エンジンなどの分解作業まで、オートバイ本来の調子へと整え直す作業全てを整備として用いています。
( 関連用語 ・ ・ 整備工具整備用具


 



 整備工具  (せいびこうぐ)

整備の作業に必要なドライバーなどの工具の事です。
ドライバーの他には、レンチ、プライヤなどが代表的な工具で、多くはボルトやナットなどのねじを回したりするのに用いられます。
( 関連用語 ・ ・ 工具ドライバーレンチプライヤ


 



 整備用具  (せいびようぐ)

整備の作業に必要な、工具以外の品物の事です。
例えば、汚れをふき取るに使うウエスの他、長さや重さを測る計測器具など整備用具として表わされます。
( 関連用語 ・ ・ 工具ウエス 測定器具



 



 整備&調整セッティング
                 記録会

 (せいび&ちょうせい
    せってぃんぐきろくかい)

車両をそのオーナーと一緒に緻密整備をするイベントです。
希望の箇所を徹底的に、車両メーカーや販売店でも行なわないレベルでの整備をして、その上でオーナーに合わせて調整セッティングを行ない、作業の内容、作業後に試走した後でのオーナーの感想文を詳細に発表して、全国のより多くの方々の参考にしてもらう、オートバイとオーナーの為のイベントです。
( 関連用語 ・ ・ 整備セッティング

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 セクション (せくしょん)

一般的には部門や区分という意味ですが、私達が使う場合には走行コースの特定の“ 区間 ”という意味の場合もあります。
( 関連用語 ・ ・ 走行コース

   



 セッテイング
  (せってぃんぐ)

英語では、Setting = “設定”という意味の言葉です。
一般的には、「忘年会のセッティングをする」など、“準備”や“段取り”のような意味で使われますが、日本では車やオートバイなど機械の“調整”という意味で使われる事が多く、ゲームの世界でも広まっています。
GRAでは、楽器を弾く前に必ず行なう“調律”と同じ意味で用いています。つまり、オートバイは楽器と同じように細かな調律や調整が欠かせないと考えているからです。
( 関連用語 ・ ・ セッティング講座セッティング練習会


 



 セッテイング講座
  (せってぃんぐこうざ)

オートバイの調律(セッティング)の基本の講座です。
GRAで、1995年から開催している講座で、オートバイ各部の調律(セッティング)の基本原理を、その理由の分かりやすい解説を交えて、初めての人でも理解できるように工夫した講座です。講座での理解や成果を活かして、1997年からの『走行セッティング講座』、1998年からは 『セッティング練習会』へと発展させ、基礎知識の浸透を深めています。
( 関連用語 ・ ・ 走行セッティング講座セッティング練習会


GRA が生み出して広まった “造語” です




 セッテイング練習会
  (せってぃんぐ
        れんしゅうかい)

オートバイの調律(セッティング)の基本の実践講座です。
GRAで、1998年から開催しているイベントで、講座で調律の原理や大切さを学び、実際に自身の車両で調律を試して車両の動きの変化を自身の身体で感じ取れる貴重な練習会です。
ほんの少しの調律作業で、オートバイの動きのバランス感が変化する原理を覚えられる以上に、違いを感知する能力が磨ける事の方が調律だけでなく、日頃からオートバイに乗る時にとても役立つと多くの人が実感しているイベントです。
なお、一般道を使って同様な事を行なう事は、単に他の方々の迷惑に繋がるだけでなく、整えられた一定の条件下で調整の違いを感じる必要がある調律作業には適していません。特に、限界域に近い領域でのオートバイのバランス感を冷静に感じ取る調律作業は、完全に安全が確保された環境で行なうべきです。
というのも、限界域に近い領域でのオートバイの挙動によって、一般路などの走行時の安全が確保できるからです。
( 関連用語 ・ ・ セッティングイベントバランス感

詳細に解説したページへ移動します GRA が生み出して広まった “造語” です



 全員スタッフ全員参加制
   (ぜんいんすたっふ
        ぜんいんさんかせい)

参加者全員だけでイベント運営を行なうシステムの事です。
一般的なイベントの場合には、運営赤貧者を始めとする専属のスタッフによって運営され、参加者は参加する事だけがもとめられます。しかし、GRAでは、“自分達が楽しむ場所は自分達自身で運営すべき”という考えから、当日の全てのスタッフ職を参加した全員で担当するシステムを、1991年の「ジムカーナパーティ」から取り入れ、やがては全てのイベントで採用しています。これによって、スタッフ職の慣れ不慣れを参加者同士で助け合うなど、参加者同士の交流が深まりました。
スタッフ職の選定は、参加予約時の希望を基に事前に全てのスタッフ職を割り当て、参加受理書で依頼するスタッフ職を知らせる方式から始まり、2006年以降には当日朝のミーティングで自発的な希望出しと公平な割り当て調整作業で決定していくスタイルまで進化していきました。
このシステムで補えない点は、イベント当日以外の様々な運営作業の量や責任に想いを分かち合えない事でしょう。
( 関連用語 ・ ・ スタッフジムカーナパーティミーティング

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 全国シリーズ戦
  ( ぜんこくしりーずせん)

全国各地を巡って、交流と親睦を深めるための企画です。
GRAでは、1995年から「ジムカーナグランプリ」という名称でシリーズ戦を開始して、開催地は沖縄から北海道道まで全国各地を巡り、参加者同士の親睦と発展を図ってきました。
2001年からは「草ジムカーナグランプリ」、2006年からは「GRAツアー」と名称を変えて 2009年まで継続しました。
( 関連用語 ・ ・ジムカーナグランプリGRAツアー

   



 前後の車高バランス
   (ぜんごのしゃこう
         ばらんす)

オートバイの前と後ろの車高のバランスの事を指します。
詳しくは、「車高バランス」の欄をご覧ください。
( 関連用語 ・ ・ 車高バランス

   



 専属アシスタントスタッフ
   (せんぞくあしすたんと
        すたっふ)

インストラクターなどの補佐をするスタッフ職の事です。
主にレッスンイベントで採用したスタッフで、予約定員を超えて予約受理から漏れた人の中から、過去の経験があって熱意があり、インストラクターなどの補佐を行なう事で参加を認めた方の事で、意欲のある方に対して参加の道を開いた制度です。
レッスン受講はできないものの、タイムトライアルには参加できるにしています。
( 関連用語 ・ ・ インストラクターレッスンタイムトライアル

  GRA が生み出して広まった “造語” です
 

 前輪  (ぜんりん)

進行方向前側にあるタイヤおよび車輪の事です。
オートバイの場合には、前輪は一つで、車体に対して左右に向きが変えられる構造になっていますが、自動車とは異なり、前輪の向きによって車両の進路が変わるのではなく、後輪の傾きや速度などとバランスして前輪の向きが変わる設計になっており、車両の操縦性や安定性に大きな影響を与えています。
( 関連用語 ・ ・ タイヤ車輪バランス操縦性安定性,

   
 

 

 

   

用語 解説・説明 詳細  



 操縦性
   (そうじゅうせい)

運転のしやすさを表す言葉の一つです。
オートバイの場合、ライダーの操作に対して、オートバイの状態の変化や反応が適切かどうかによって、操縦性の良し悪しを判断します。操縦性が高いとライダーの操作にすぐに反応しますが、逆に安定性が欠けて運転しづらくもなります。
( 関連用語 ・ ・ ライダー安定性操縦安定性

   



 操縦安定性
   (そうじゅうあんていせい)

運転のしやすさを表す言葉の一つです。
「操縦性」と「安定性」という、二つの相反する大切な要素をまとめて表現する言葉で、二つの要素がより高いレベルでバランスしているオートバイこそ真に運転のしやすいオートバイだと言えます。
大切な評価基準としてよく使われる言葉のため、「操安性」と短く表現される場合もあります。
( 関連用語 ・ ・ 操縦性安定性

   



 走行クラス
   (そうこうくらす)

参加クラスと同様な意味で、クラス分けを示す言葉です。
GRAでは、その人の技術レベルに合わせたクラス分けをしますが、レッスンなどで希望するクラスの時には「参加クラス」を、パーティなどの大会系イベントの場合にはタイム指数によってクラス分けをする「走行クラス」と使い分けています。
( 関連用語 ・ ・ レッスン参加クラスタイム指数  )


 



 走行コース
   (そうこうこーす)

練習やタイム測定で走るコース(道順)の事です。
一般的に、練習で使用するコースは先導車に続いて走行を重ねて覚える事が多く、実際の実力を試すタイム測定で使用するコースは慣熟歩行で覚える事が(GRAでは) ほとんどです。
( 関連用語 ・ ・ タイム測定慣熟歩行



 



 走行セッティング講座
  
(そうこうせってぃんぐ
        こうざ)

オートバイの調律(セッティング)を実践する講座です。
安全が確保された会場を使って、調律の講座を交えつつ、実際に調律作業の基本とオートバイのバランス感の変化を体得できる貴重な講座です。1997年に始まり、1998年からは『セッティング練習会』という名称に変更して、今に続いています。
( 関連用語 ・ ・ セッティングバランス感セッティング練習会

詳細に解説したページへ移動します
GRA が生み出して広まった “造語” です



 走行レベル
   (そうこうれべる)

オートバイを走らせる上手さや速さの段階の事です。
適切なレッスンや効果的な練習を行なうためには、その人の上手さ・速さに合わせた内容にする必要があるので、GRAでは基本タイム指数を参考にしてグループ分けをしています。
( 関連用語 ・ ・ レッスン基本タイム指数参加クラス


 



 走行練習会
  
(そうこうれんしゅうかい)

連続した走行の練習を行なうためのイベントの事です。
1993年から、GRAが独自に「特別練習会」という名称で開催を始めたイベントと内容は同じで、2000年から名称を変更したものです。効果的な練習走行のための“グループ走行”と、走行の際に全員が腕で確認サイン(合図)を出す安全ルールの徹底はそのまま引き継がれています。
( 関連用語・ ・ イベント特別練習会グループ走行確認サイン

  GRA が生み出して広まった “造語” です



 測定器具 (そくていきぐ)

整備で使用する、長さや重さなどを測る器具の事です。
例えば、ノギスやメジャーなどが代表的な器具です。
( 関連用語 ・ ・ ノギスメジャー

   



 測定コース
   (そくていこーす)

練習や本番のタイム測定で使用するコース(道順)の事です。
短く簡単なコースでタイム測定を繰り返す練習は、適切な練習の成果の確認ができ、本番のタイム測定(タイムトライアル)のコースでは。練習の効果とその応用が試されます。
( 関連用語 ・ ・ タイム測定タイムトライアル


 
 

 測定タイム
  
(そくていたいむ)

測定した時間(タイム)の事です。
スタートからゴールまでの様に、特定の区間を走りきるのを測定して記録に残す事は、その測定結果によって練習の成果などが正しく判定できるので、上達するのに重要で欠かせません。
( 関連用語 ・ ・ タイム

   
         
 

 GRA・用語解説辞典

GRAでよく使われる言葉や用語を解説しているページの事です。 中でも、GRAが独自に生み出し広く使われている“造語”は「GRA用語」としてまとめて解説もしています
( 関連用語 ・ ・ GRA用語

詳細に解説したページへ移動します GRA が生み出して広まった “造語” です
ウィキペデイアの解説ページを開きます

   用語・検索パレット 
 

他の用語を調べる場合には、その用語の最初の文字を下のボタンから選んでクリックしてください

「あ」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「か」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「た」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「な」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「は」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「ま」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「や」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「ら」 行の 用語解説辞典のページへ移動します 「わ」 行の 用語解説辞典のページへ移動します アルファベットで始まる用語の解説辞典ページへ移動します 『 GRA用語 』 の解説辞典のページへ移動します
アイウエオ カキクケコ サシスセソ タチツテト ナニヌネノ ハヒフヘホ マミムメモ ヤユヨ ラリルレロ ワ ン abc.....z  


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.