このエントリーをはてなブックマークに追加

 
参加

  81

概要 当初は、特別な大会イベント以外では採用しなかった光電管利用のタイム測定ですが、この頃になると一般イベントでも光電管を使うようになりましたが、それに伴って測定装置の運用方法とタイム測定結果の内容が緻密になり、意外に思うかも知れませんが、スタートの合図を出す役割にも適切な判断が求められるようになりました。
それが、スタート間隔の管理として整理されていくのでした。
イベント名 特別練習会
開催日 1995年 11月 5日
開催場所 日立ドライバーズスクール(京都府)

イベントの企画開催は、様々な準備や資料作成などが必要です
この公開資料が、皆さんの今後の活動の参考になれば幸いです

イベント当日・配布資料  
コース図のページへと移動します リザルト(測定結果表) のページへ移動します イベント当日に配布した資料を表示します 【PDF資料】
 



 


 Topic

今回は大胆なコースレイアウトで、スタート直後には2速を使い、コース途中にも 2速を使うセクションが ♪
というのも、1速だけのコースが一般的だからです。

Topic  
今回のコースは大胆、練習コースは2速以上での右ターンがあり、測定コースは左ターン2速以上が ・・ !



取材を受けて掲載された記事の一覧ページへ移動します

ニュースを投稿して掲載された誌面の一覧ページへ移動します
   

GRA の活動資料・データ室へ移動します
イベントリポート 一覧ページ へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します


  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!


メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.