前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA  

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

 原点回帰・起死回生(?)の
  トルクレンチ♪
(妖怪のつぶやき より)


 

オートバイの整備やセッティングには欠かす事ができない工具の一つが トルクレンチ。 ボルトなどの締め付け力を適正に保つ工具です。
でもある日、そんな大切な工具を信用出来なくなる事態になったのです。

 

『 動きが鈍くなった ?


 

きっかけは トラ君の「レギュレーター&レクチファイア」の修理した時。
不調部品の取り外しの為に、リアサスペンションユニットの脱着をしてからというもの、リアサスペンションの動きが鈍くなっている事に気付いたからです。

分解・整備はいつもの様に、正規の順番で、トルクレンチで指定値で締めつけているのに変なのです。
そう言えば、リアと同じように、フロントサスペンションの動作も少し鈍くなっていると感じていたのです。

そこで、確認走行ができる環境で、トルク値を変更しながら確認作業を繰り返せば、もっと低いトルク値で良い結果が出たのです。
例えば、リアサスペンションのリンク周りは、指定値が 46 N・m のところを 38 N・m に。 フロントサスペンションの 三つ又アンダーブラケットのピンチボルト(フォーク固定ボルト)は 指定値が 20 N・m のところを 16 N・mに。
アクスルシャフトのピンチボルトは 22 N・m を 18 N・mへと 2割近く下げる事になったのです。(以上 KTC製トルクレンチでの設定)

( ボルト材質は変更して潤滑方法も変更していますので、あくまでも参考例として )

 


『 トルクレンチが信用できない ?


 

そんな作業を行なっている時、所有しているトルクレンチによっては違うトルク値になる事に気付いたのです。
ずっと昔から所有している 東日製作所(通称:トーニチ)のプリセット型トルクレンチで締め付けたボルトを、7年程前から使用している 京都機械工具(通称 KTC)の同じくプリセット型のトルクレンチで確認すると、1割程度低いトルク値を示すのです。

ガレージ内で使うトルクレンチは KTC、外へ持ち運んで使うのは トーニチ として使い
分けていたから困ったのです。どちらを信用すれば良いのか ? と。

トーニチは 日本では最も信頼性の高い製品で 校正が可能な製品。 一方、KTC は 良く知られたメーカーの製品だけど 校正ができず、完全には信用しきれない部分が残るのです。

東日製作所のビーム式トルクレンチです

そこで決めたのです。トーニチ製の 最も基本形態のビーム式トルクレンチの購入を。
この製品の良い点は、プリセット型のディジタル方式ではなくて、アナログ方式で確認ができる点で、もちろんメーカー依頼で校正も可能です。

そして、このビーム式トルクレンチを使って、従来から持っているトルクレンチの校正をすれば、安心して正確な整備やセッティングが出来る!! と思っているのです。
さあ、週末のガレージ、従来からのトルクレンチへの裁定は?
楽しみなような、心配なような気持ちです。

 




許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.