このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

 Common sense and insane

オートバイの運転ではリアブレーキの多用を奨励している事が多く、運転操作の練習をする時や、セッティングを行なう時にもリアブレーキを使っている事が多く、オートバイ本来の動きを理解したライディングの基本が学べず、正確なセッティングが行なえていません。

Many instructions encourage heavy use of the rear brake when driving a motorcycle, and many people use the rear brake when practicing and setting up, so they cannot learn the basics of riding that understands the original movement of the motorcycle.



 <Q&A>
 
ブレーキを使うのが基本では?

  
Q&A,
 Are Braking Essential?



【 質 問 】 Question

なぜ、練習やセッティングでブレーキを使わない事を勧めるのですか?

(前略) 8月11日のイベントの動画を見ましたが、中で 「ブレーキを使わない走り方は運転操作が見直せる」とか「 ノーブレーキ走行が基本 」とかありますが、ブレーキを使うのも基本ではないでしょうか。

なぜ、セッティングや練習で ブレーキを使わないのを勧めるのですか。



Why does GRA recommend not practicing motorcycles or using setting brakes?

In the video of the GRA event, there are things such as "Driving operation can be reviewed for how to run without brakes" or "No brake driving is basic", but I think it is also basic to use brakes. Why do you recommend not using brakes in settings or practice?





【 回 答 】・ 簡潔編  Concise answer

レーキを使うと、オートバイの“素”が見えにくいからです

8月11日に開催した 『 ライディング・セッティング クリニック 』の 動画リポートをご覧下さり、ありがとうございます。



  [ GRA公式Webサイト  動画掲載ページ / Repot Video Posting Page ] 

   http://gra-npo.org/document/record/2019/20190811.html#1


ご指摘の通り、私共・GRA では、様々な場面で ブレーキを使わない走法を勧めていますが、その理由は、オートバイの “ ” の状態を正しく確認するためです。
よく指導される 乗り方(ライディング 方法)は、「 リア ブレーキ を使って、安定させて走りましょう 」と言われる様に、特に リアブレーキを積極的に使う事が推奨され、それが 安定して、安全で、スマートな走り方だとされています。

しかし、リアブレーキを使うと車体が安定して、怖さも抑えられますが、安定を求めてリアブレーキを常に使ってばかりだと、オートバイの “ 素 ” つまり本当の状態や能力を隠してしまうのです。 それを例えて言えば、子供用自転車に「 補助輪 」をつけた状態とよく似ています。 補助輪があると転倒の恐れが少なくなって安心して走る事が出来るのですが、自転車が本来備えている軽快さや動きの自由度が奪われます。補助輪をつけない方が、自転車本来の状態や動きを味わえるのと同じように、リアブレーキを使わないで走ると、オートバイ本来の状態や動きを確認できるのです。



別な言い方をすれば、ブレーキ操作によってオートバイ本来の動きを遮った運転をしてしまうと、オートバイ本来の動きを十二分に活かした運転操作を習得する機会に得られませんし、同様に、微少なセッティング変更を行なっても、ブレーキ操作という別な要素を加えてしまうと、変更による変化の確認を正確には把握できないのです。

つまり、リアブレーキやフロントブレーキを使わないで走れば、オートバイ本来の動きをブレーキで邪魔をせずに確認できますし、“素”の状態が確認できるからこそ適切な整備やセッティングも可能になるのです。
だから、GRAでは、オートバイのライディングの基本レベルを高めたい場合や、正確なセッティングを行なう場合には、前後のブレーキを一切使わないで走れる簡単なコースを利用する事を強く推奨しています。
 


This is because it is difficult to see the true nature of the motorcycle when using the brake.

Using the rear brake stabilizes the bike and makes it less scary to drive, but it also hides the true condition and capabilities of the bike. In other words, riding without brakes allows you to check the motorcycle's natural movement without interfering with the brakes, and to check the "true" condition of the motorcycle, which allows for proper maintenance and setting. For this reason, GRA strongly recommends that riders who want to improve their basic motorcycle riding skills or make precise settings should take a simple course that allows them to ride without using the front or rear brakes.


解説記事と画像 :小林 裕之
  
Texts and images : Hiroyuki Kobayashi



わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」を送信される方には説明を返信しますので、利用してください

『コラム一覧』ページへ移動します
次のページへ移動します


【 関連する記事 / Related Article 】
「サークル練習のススメ」のページへ移動します   サークル練習のススメ
Circle practice is basic
  オートバイの特性、自然にサークル(円)軌道を描く特性を
いつでも正確に引き出す為の練習は、確実な上達に繋がります

  <サークル練習> オートバイ 基本の「き」
Riding Basics "Circle Practice"
  ライディング技術を高めてくれる、基本中の基本の練習方法、
<サークル練習>を 分かりやすく、詳しく解説しています

  <Q&A> リアブレーキでは、曲がれない ?
Q&A Dosen't the Rear Brake Help Turn?
  教習所などでは、リアブレーキの多用を奨励していますが、
それは非効率なだけでなく、決して安全とは言えません



  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!

メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.