このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

 Common sense and insane

オートバイには、ライダーの操作を助け、自然にバランスを取る仕組みが備わっています。
それを理解せず、ハンドルを力入れて握っていたり、ターンの時にフロントブレーキを使わない人は、オートバイの仕組みを利用していないだけでなく、危険な操作になっています。
“トレール”を理解して、安全な操作と正しい整備や調整に活かす事を強く勧めます。

Motorcycles have a mechanism to help the rider operate and balance naturally.
If you don't understand it, hold the steering handle, or use the front brake on the turn, it's a dangerous operation. We strongly recommend that you understand the "trail" and use it for safe riding and proper maintenance and coordination.


  Trail Controlled Riding
   / Riding with Trail Control



『 誰も知らない、トレールの価値Nobody knows the value of the trail


トレール量 」は、オートバイのライディング(運転操作)やメンテナンス(整備)、セッティング(調整)を行なう上で、最も大切な要素の一つです。

少なくとも、「 エンジン出力 」や 「 ハンドル切れ角 」、「 足付き性 」、「 キャスター角 」などよりもずっと重要な“要素”です。

何故なら、「 トレール量 」はオートバイの操縦安定性旋回性安全性楽しさ など、
あらゆる場面で影響を与えているからです。

  
しかし、専門書を読んでも「 トレール量 」については型通りの説明しかなかったり、四輪車用の説明をそのまま転用している例もあります。

「 トレール量は、ステアリング回転軸の延長線と路面が交わる点と、タイヤの接地点の中心
  までの長さ 」 とか、
「 直進安定性とハンドルの復元力に影響して、トレール量が多いと直進性が高まり、ハンド
  ルの復元力が強くなる 」

オートバイの事を理解する立場から見れば、トレール(量)の真の役割をすべて説明しているとは言えず、採点するならば 100点満点中 50点以下にしかなりません。





『 間違いだらけの、業界 』 False perceptions of the motorcycle industry

この記事を読んでいる貴方が、「 トレール量 」について関心が無く、あまり深くは知らないとしても仕方無いと思います。オートバイ業界が正しく説明していないからです。

中でも、オートバイの専門雑誌の解説は酷く、「 トレール量 」の大切さを語らないだけでなく、「キャスター角 」神話とも言える程に、キャスター角に焦点を当てた解説がまかり通っている状態です。

例えば、こんな解説文章です。
「 前輪に荷重を与えて、フロントフォークを縮め、立ったキャスター角が前輪の旋回性を
  高め ・・ 」 とか、
「 フロントフォークの突出しを増やすと、キャスター角が小さくなり、フロント荷重による
  旋回性能が高まり 」などと、

キャスター角だけで旋回性が高まる訳はないのに、物理法則を無視してイメージのみで語るライターや編集部が多く、多くの読者(ライダー)も同様な理解をしていて、オートバイを正しく理解して乗る事からは遠く離れている状態です。
これには、車両メーカーの営業担当部署が、設計や幾何学の知識に欠けたまま、新車発表時等で配布する資料の文章を作成している事にも大きな責任があるでしょう。

 < 閑話休題 / キャスター角の作用、メーカー資料の件は改めて解説します >

トレール量 」がオートバイの安定性や操縦性に、どのように大切な役割を果たしているのか、「 安定限界トレール量 」を理解しておく必要性とは、そして、「 トレール 」を積極的にコントロールして、高い安定性と操縦性を活かす為のライディング理論を解説していきますので、次ページ以降の内容を期待ください。


解説記事と画像 :小林 裕之
  
Texts and images : Hiroyuki Kobayashi



< 注釈 > ・・ 「トレール量」と「 トレール 」は、同義語として説明をしています

" Trail amount " affects everything from the steering stability, swivel, safety and enjoyment of a motorcycle. However, because there is no understanding of the true role of the "trail amount", the aggressive riding theory that utilizes the characteristics of the trail is not fully instilled. In this course,
we will explain everything from the role of the trail to the riding theory used in order.




● 次ページで『 感じている安心、トレール 』を解説します


わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」を送信される方には説明を返信しますので、利用してください

『コラム一覧』ページへ移動します
次のページへ移動します


  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!

メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.