このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA  

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

私達・NPO法人GRAは、安全で楽しいオートバイライフを過ごすには、自らモラルを持って社会に接する事が最も大切だと考えています。そうして、一人ひとりが社会の中でモラルを育てる事こそ、人として一番必要な事の一つだと信じています。


 ライダーが元凶だ!

Riders keep making bad repulations


『 視線、そして時々 指摘を!』Watch carefully, and sometimes points out


前ページへ

前ページへ

○ すり抜けで危険や迷惑をかけているライダー
○ 車間距離を取らず走るライダー
○ 騒音で周りの人に迷惑をかけているライダー
○ 歩道上に駐車をするライダー
○ 指示器も出さずに車線変更するライダー
○ 歩道を堂々と走るライダー

そんな迷惑行為について家庭や会社の人との話題に出来たら、次に進んで欲しい。
それは、そんな行為をしている最中のライダーに対して、
『視線』 か 『指摘』 を与えていく事だ。

『視線』を与えるとは、「じっと」 見る事。見つめる事だ。
もちろん、何らかの反撃もある可能性があるから、
場所や相手の雰囲気、そして相手との距離も考慮する必要がある。



でも、「じっと」 見る事ができれば、必ず効果はある。
人は誰でも“人の視線は気になる”動物だから、
その場では変化無くても、いつか必ず効果があるものだ。

そして、可能ならば直接相手に 「迷惑行為をしないように!」 と 伝えていこう。
とは言っても、殆どの人にとって全く見知らぬ人に 「指摘」 や 「注意」 をする事は
けっして 容易な事ではないだろう。

でも、相手を選び、指摘の仕方によっては効果が絶大な事は
ぜひ覚えておいてほしい。



では、見知らぬ人には無理だとしても、
友達や知り合いには言える場合がある筈だから、
もし迷惑な行為をしているのを目撃したのなら教えてあげよう。

  「迷惑な行為はしないように!」
  「評価が悪いままだと、私にも迷惑がかかるから」 と。

そう! ライダーの迷惑行為は社会全般への迷惑行為だけど、
それは、他のライダー全員への迷惑行為でもあるのだ。

次ページへ

次ページへ



次ページ 『 いつの日か 』へ





許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.