GRAの紹介ページへ移動します
このエントリーをはてなブックマークに追加

( 2020年度 活動テーマ )

サポート(支援)をシェア(共有)する人と共に!



GRAは、2020年迎え、更に一歩前進するための“活動テーマ” を掲げます。 それは、【 サポート(支援)をシェア(共有)する人と共に! 】です。






 ■ 活動の基本方針

 


活動の基本方針には変更はありませんが、その文章表現を少し変更して、活動の意図がより正しく理解されるようにしました。
  
それは、
 
『 いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフを過ごしたいと願っている人々へ、それに必要な情報や知識のサポート(支援)とシェア(共有)を行ない、同時に GRAに賛同する方々との意見や情報の交換を通じて、サポートとシェアの輪を広げていく 』 です。


 ■ サポートとは
 


サポート(支援)という言葉は、ともすれば見返りを求めない献身的な行動であり、一方通行的な流れを連想させますが、それは一面的な見方に過ぎないと考えています。

私達が考える “サポート(支援)” とは、「持っている人が、それを持たない人と共有する事」という、人間本来の社会的に純粋な気持ちから生まれる行動だと考えています。 そして、それが「サポートを受けた人も、それを独り占めにせず、同じ立場の人とそれを共有する」という行動を生むのも人間本来の姿であると信じています。

つまり、サポート(支援)とは シェア(共有)する行為そのものであり、シェア(共有)する行為を伴うからこそ、サポート(支援)が一方通行で終わらない良い循環を生み出すものと強く信じています。



 ■ GRA とシェア活動
 


1991年の発足以来、GRAが行なってきた活動も “シェア” (共有)そのものだと言えます。 様々なイベントを企画・開催してきたのも、ジムカーナ競技で育んできた 「オートバイを操る楽しさを、多くの人々とシェアする為」 であり、「知っている人が、それを知らない人と共有する」という、人として当たり前の行動から生まれたものです。

それ故に、「会計報告」 に事務局スタッフへの報酬欄が無かったり、NPO法人化した際に「役員は無報酬」と定款に入れる等、最初から損得勘定や利益確保の意図は無く、あくまで“シェア”(共有)の精神を貫いてきました。



 ■ 2020年の“一歩”とは
 
今まで通り、楽しいオートバイライフを過ごす為に必要と考えている事は、様々なコラム記事を作成・掲載して、関心を持つ人々とシェア(共有)する活動を続けていきます。

同時に、楽しいオートバイライフを過ごしたい人から、オートバイに関する悩みや質問を募集して、その内容を公式Webサイトで公表し、GRAなりの解決サポートを公開提供したり、関心のある他の方からの意見や提案も掲載して、同じ悩みや疑問を持つ人々と解決策などをシェア(共有)していきます。


 ■ 関心ある皆さんへの依頼
 


この「サポート(支援)をシェア(共有)する人と共に!」に関心を持ち、そのコンセプトを理解して共感して下さる方々へ依頼します。

〇 意見や質問、疑問や提案をお寄せください
  
 あなたの抱く考えや意見、疑問は、決してあなただけのものにする必要はありませ
 ん。他の見知らぬ多くのライダーや人々にとって、何らかのヒントや助けに繋がる
 事があるのです。
 頂戴した意見や質問を、公式Webサイトなどの場で意見交換や解決案の提示を行な
 う事で、必ず多くのライダーや人々がより良きオートバイライフを過ごす参考にな
 ります。

〇 参考になった記事は、シェア(共有)してください
  
 質問を寄せて良き解決方向を見出せた人はもちろんの事、その記事を読んで参考に
 なった人は、是非、その掲載記事ページを他の人々へとシェア(共有)して広めて
 ください。
 公式Webサイトの各ページには、ツィッターで リツィートするためのボタンや、
 LINE で送るボタン(除く PC閲覧時)が備わっていて利用が可能ですので、ペー
 ジの URLをコピーして他の方へお知らせください。
 あなたの、そのシェア(共有)する行為が、サポート(支援)の循環を生み出す
 貴重な行為です。



 ■ 最後に
 


私は今、オートバイの楽しみ方が社会的に広く正しく認識されているとは思ってはいません。しかし、オートバイをもっと正しく理解する為の知識や情報を共有し合い、オートバイをもっと深く楽しみ続けたい人々がそれを適切に活用する事で、いつまでも楽しく安全な世界が広がると信じています。

ただ、狭い視野や興味だけで一時的な楽しみを追求して、周りの人々や社会全体に与える影響を考慮する事に関心の無いライダーの存在や、利益第一で売上だけを追求してきたオートバイメーカーや販売店、そして雑誌編集社などオートバイ業界によって、オートバイを正しく理解するための情報や知識が軽く扱われ、オートバイの楽しみ方は狭く制限されているだけに過ぎないと考えています。

とは云え、小さな GRA の存在だけでこれらを変えられるとも考えていません。
しかし、“サポート(支援)を シェア(共有)し合うこと” に関心を持ち、理解して行動してくださる方と一緒なら、“また一歩” 先に進める事は間違いありません。

私達の行なっている活動は決して上手ではありませんし、文章表現は分かりやすいとは言えませんし、企画運営は器用でもなくパワフルとは言えないかも知れませんが、オートバイの理解を深める為のサポートとシェアを行なっていく心は強く変わりありません。
どうぞこれからも、この GRA の活動に、興味と関心、そして理解と行動のサポートをお願いします。



NPO法人GRA  代表  小林 裕之 





  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!


メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.