このエントリーをはてなブックマークに追加






 ボルト、 購入しました !
   
/ Bolt Purchase note
 



 

先日、ネジの講義で勉強した知識を活かすため、オートバイ用のネジ(ボルト)を購入手配して、先ほど無事に届きました。

届いたボルトは、六角穴付ボルト(キャップボルト)、材質は クロムモリブデン鋼(SCM435)で、表面処理が クロームメッキ、強度区分は 高強度(12 . 9)という仕様です。

GRA  六角穴付ボルト  材質は SCM435  M8 、強度区分 12.9、 クロームメッキ
  
  
 
『 ボルトの常識 』

ボルトといえば、一般的な知識では「 部品が固定できてれば OK! 」というレベルだと思いますが、僕は性能を備えた【 機能部品 】だと信じています。
確かにボルトは、他の部品と部品を結び付けて固定する器具の一つですが、単に固定できていれば良いとは言えないのです。

同じ事は、人と人とを結ぶモノ、例えば 電話やメールとか、お中元や配達業者、または婚約指輪や紹介斡旋業者など、それら人を結ぶモノの品質が低い場合を想像すれば理解できるでしょう。人との間を結ぶモノの品質が悪いと、人間関係が悪くなりがちで、ギクシャクした関係となれば、同じ目的の為に一緒に気持ち良く行動するのが難しくなるものです。

GRA、ボルトの整備の良し悪しは、人と人との付き合い方と一緒

それは オートバイの部品と部品を結びつけている「ボルト」の場合も同じです。
ボルト以外の部品はそのままでも、ボルトの整備のやり方を変えたり、ボルトの品質が変化するだけで、他の部品たちの動きや性能が変化してしまうのです。
特に、フロントフォーク周りのボルトは 操縦性に大きな影響を与える部品で、そのボルトの整備内容や品質状態ひとつによって、気持ち良く乗れたり、不安で楽しめない乗り味にもなるのです。

僕の場合は、乗り味や操縦性を重要視しているので、フロントフォーク周りの分解・整備の頻度がとても高く、整備の度に特に細心の注意を払い、ボルトの定期交換をするなど、フロントフォーク周りのボルトが一番大切にしているボルトです。
だから、講義で得た知識を活かすためにも、新しい仕様のボルトをフロントフォーク周り用に手配をしたのです。



『 ボルト は ゴム 』

こんな事を言っても信じてもらえないでしょうが、ボルトはゴムひもと同じなのです。例えば、荷物を固定するゴムバンドや輪ゴム、髪を留めるヘアゴム、洋服やソックス、下着に入っているゴムと同じ様に、「ボルト」も伸びて 物を固定しているのです。

伸びたゴムが元に戻ろうとする力で固定するのと同じで、締め付けで伸びたゴムが元に戻ろうとする力で部品を固定しているのです。ボルトの場合は、その力(張力)の事を「軸力」といって、この「軸力」を適切な大きさに整える為に 締め付けトルク を適切に管理する必要があるのです。

GRA、 ボルトはゴムと一緒

GRA、 ボルトはソックスのゴムと一緒の原理


しかし、ゴムが何度も繰り返し使えば、“伸び”で元に戻らなくなるのと同じ様に、ボルトも締め付けても適切な「軸力」を出せない事は珍しい事ではありません。ゴムがその品質や使用頻度、加えた力の大きさによって“伸び”の出る時期が違うように、ボルトも品質や使用頻度、そして加えた力の大きさなどによって適正な仕事ができなくなる時期も変わるのです。

GRA、 ボルトは ゴムが伸びる様に、繰り返し使うと ダメになる

一見、普通のボルトで、見た目が変わらなくても、時には本来の機能を発揮できず オートバイの操縦性能や乗り味を大きく変えてしまう事がある部品だからこそ、「ボルト」は大切な 【 機能部品 】 なのです。



『 どう変わるか? 』

今回購入したボルトは、VTR250 と トラ君 の2台のオートバイの、フロントフォークを固定しているボルト。 上ヨーク(トップブリッジ)と下ヨーク(通称:三つ又)、そして アクスルシャフト固定ヒンジ用のボルトで、全て 直径 8mm の M8 規格 、長さが 30mm、40mm、そして 45mm で、予備を入れて合計 26本が届いたばかり。

ゴムと同じ様に、交換してボルトを新しくすれば、オートバイの動きは変わる。しかも、以前とは違って、今回のボルトは新しい知識で選択したボルトだから期待している。

先ず、材質は SCM435 規格の クロムモリブデン鋼。 今まで、一部のボルトは ステンレス製に交換して使用していたけれど、部品側の金属材質との相性を考えて、全てのボルトを “肌の合う”鉄に替えて、靱性の高い粘りのある操縦性が出ると期待している。

更に、ボルトの“伸び”、つまり「軸力」の低下を防ぐ為に、強度区分「12 . 9」という強度の高いボルトを採用した。 強度とは、硬さと誤解され易いけど、繰り返し使用しても劣化が小さいという強さの事。この強度のボルトへ交換すれば、ボルトの性能低下が抑えられ、オートバイの性能低下・変化も抑えられる筈だと信じている。

また、ボルトの表面処理は、硬度と平滑度の高い クロームメッキだから、相手部品のボルト穴の肌を傷め難く、経年劣化が少なく、繰り返し分解・整備でも安心できる。

GRA  購入した 六角穴付ボルト  材質は SCM435  M8 、強度区分 12.9、 クロームメッキ


以上、いい事づくめだと期待しているけど、交換・装着はこれから。 また報告する機会があれば、是非、ご期待あれ!


続編・【 ボルト交換、その効果は? 】は コチラから


わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」
を送信される方には説明を返信しますので、利用してください

 




メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.