このエントリーをはてなブックマークに追加





 「いじめ」と「ウィルス」
  (穏便社会の弊害)

  The evils of the mild treatment


 
   自分自身が不利益を負う可能性がある場合は、それ対応する事が大切だ
   しかし、恐れるあまり、他の誰かに文句や悩みを言うだけでは解決しない
   可能な限り多くの情報を集めて、時には歴史上の出来事からも学び
   より冷静な判断と行動を行なう事が、とても大切になる


「いじめ」と「ウィルス」

穏便に済ませる事が全てにおいて悪い事だとは思わない。
が、事実を覆い隠す事に慣れきってしまうと、良い結果に繋がらない事は歴史も証明している。

最近の話題で言えば、「いじめ」や「ウィルス」の話題もそうだ。
どちらも、事実を突き止めようとすると、大騒ぎするなという社会全般から圧力を受ける。
具体的な症例や客観的な事実があったとしても、穏便の圧力が覆い隠そうとする。
諸外国と対処方法が大きく異なっていたとしても、殆ど参考にもしない。

けれど、一旦大きな話題になると、一転して大慌てで取り繕う始末だ。
「いじめ」では校長先生が、「ウィルス」では行政トップが急に記者会見するのだ。
しかし、取り繕いで彼らの評判は保てたとしても、本質は変わり難い事を誰も知っている。
社会全体が穏便に過ごし、問題視しようとしない体質は簡単には変わらない。

人権尊重なのか、いじめた本人は見逃され、ウィルス検査拒否は容認される社会だ。
社会と戦うつもりは無いが、自分自身や不遇な人を守る為には、穏便圧力とは一線を引く
勇気は必要だ。







メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.