このエントリーをはてなブックマークに追加





 移住先探して、NZを走る

  Ride in NZ as a migration destination



   移住先として、ニュージーランドへの憧れは消せないので、
   実際に街中を走ってみた話



『 最初は北島から 』

最初は北島の 首都・ウェリントン。
街中には信号があまり無く、オートバイも見かけるが何故か 原付スクーター か 小型程度で中型以上は見掛けなかった。 街中を外れて郊外に出ると、さすがに日本と同じ島国、ワインディングロードが続き、ランナバウトはあっても、信号も街灯も殆ど無く、海岸線は正に走って楽しめる道だ。

  

    

一方、南島のクライストチャーチは、一転してちょっと洒落た都会の雰囲気もある同国第2の都市。 とは云え、雰囲気は日本の地方中堅都市に近い。自然豊かな文化的施設は目立つけど、一歩中心部を抜けると様々な工場や商店が数多く軒を連ねている。 ウェリントンではあまり見かけなかった光景だ。 郊外に出ても街灯が無いのは同じだけど、比較的信号は多く整備されている。
  



『 走ってみた感想は 』

ウエリントンもクライストチャーチにも共通しているのは車の多さだ。
地下鉄は無く、鉄道網も全島くまなく張り巡らされている訳でもなく、移動手段は車の生活スタイルだ。駐車はヨーロッパ風に道路脇のエリアに行なうスタイル。 走っている車の多くは日本車で、トヨタが目立つけど、意外に三菱も健闘している様子。そして3トン以下の商用車となるとほぼ日本車しか見掛けず、中には軽自動車さえ走っていた。

こなれた感じなら南島、ちょっと別荘地っぽい雰囲気なら北島か?
でも、地図だけを見て、勝手に小さ目の国だと思っていたけど、それは間違いだった。 国土面積は 日本の約 3/4 ぐらい。例えば、南島の端から端までの距離を日本で言えば、本州西端・山口県の下関から東北の福島県辺りまでの距離がある。


いくら高速道路は基本無料だと言っても、一日で往復できる距離ではない事に気付いた。結構大きな国土だった。

しかも、人口は 日本の 1/25程度だから、街を抜けると北海道を走っている気分になる事だろう。

以上、Google Street View で走ったてみあ感想だ。(in Kobe)



さあ、どこへ行こうか?



By Google Map / Street View










< 追伸 >

この バーチャルライドを決行したのは 2020年 2月中旬の事だった。

それから、実際に ニュージーランドへ 単身飛んでみたくて、飛行便や費用の計算を始めたところ、新型コロナウイルス禍が本格的に世界中で広がり始めたのです。
3月初めの頃までは 飛んで行ける便はあったのですが、日本政府の対応状況を見ている限り、飛んで行っても帰ってくる頃には 「 2週間施設で隔離です!!」と言われかねない雰囲気になってきたので、一旦断念しました。

現在は 5月中旬、ニュージーランドのウイルス対策は 日本以上に順調に効果発揮、( やっぱり アーダーン首相、直ぐに自らと閣僚の給与カットを行なって、国民に協力を呼び掛ける心の籠った TV声明をするなど、独・メルケル首相と並び称される程の力量の方と確信しました )しかし、日本からの 旅行者を受け入れる体制にはなっていない様子で暫く延期です。
恐らく、順調にいけば、今年の夏以降に下見に出かける事になりそうですが、その頃には ニュージーランド、真冬の時期、さあ、どうしようか迷っています。
そんな風に迷ったままだと、ウイルス感染を全く鎮静化できていない 英国 から 移住してくる人が多くなるのでは? と、本当は全く関係ないのに、負けず嫌いの根性が少し出てしまうのでした。
 
 



ともあれ、今回の ウイルス禍に対する手際の見事さから、対処が後手後手の国よりもきっと信頼できるに違いない! と信じ、夢にまで出て来るのでした。








メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.