このエントリーをはてなブックマークに追加





  真夜中、歩行喫煙男性との遭遇   Encounter with a walking smoking
  man at midnight


  
9月4日(水)午前 0時 2分、自宅近くの 自販機へ清涼飲料水を買いに行った帰り道、
前を歩く男性、60歳前後か、タバコ吸っている。
  

  

  「 お兄さん 」


と、声を掛け、タバコを吸いながら歩くのはやめるよう注意をした。
当然、急に言われる側は気分は良くない。


  「 ほら、携帯灰皿も持っているし 」


社会的な問題意識を持ち、行動もしている人だ。
その上、他者への煙の害は知っていて、市の歩道禁煙の条例も知っていたのだろう。


  「 ありがとう! 」

僕が 自宅マンションの門扉を入り、入り口にある郵便受けを確認している時、
先ほどの男性が、通り過ぎながら声を掛けてくれた。


  「 おやすみなさい! 」

僕も、男性に返事を返した。お礼を言われる事は時々はある。
しかし、いつもの事ながら、注意をする立場も、決して気持ち良くない。
まして、自宅付近で注意をする事には 一定以上のリスクがある。


出来る事なら、誰にも、何も注意や指摘せず過ごせたら楽に違いない。
でも、きっと、それは、未来の社会への責任の放棄だ、と思っている。



Shortly after 0 a.m., I encountered a man walking and smoking near my home.
The man's age seemed to be around 60 years old. Cigarette smoke causes health hazards to those around them, and since this is a city where there is an ordinance to stop smoking, we warned men to stop walking and smoking.

Of course, the side to be careful is not pleasant, and it is an act with the risk to the side to be careful. This man said "thank you" just before we left, so I returned "Good night", but there is no risk at all. Much more, attention near home increases the risk.

It is easy not to point out or pay attention to others, but it cannot stop pointing out and paying attention because it increases the risk of society and life in the near future.







メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.