このエントリーをはてなブックマークに追加





 妖怪・トラ君  日誌    (2019年12月1日)
  「 タイヤで確認、修正効果 」

 


   
   トラ君 (トライアンフ)との距離感をずっと感じていて、
   それを縮めて、もっと良い仲になりたくて努力している事の報告
   今回は、11月のイベントで感じた手応えを元に、少しずつ
   手を加えていった記録です ♪


『 11月 3日 ・ フロントの課題 』

11月3日、イベントでのチェック走行で感じた感触は、ノーブレーキで行なう基本練習パターンでは良好なバランスを見せていた フロントサスペンションだが、前後ブレーキを使い、速度レンジを上げた走行練習パターンでは フロント周りの挙動に難がある事が確認できた。

その難とは、中速度域のターンでバンクさせている時、フロントブレーキを使った フロントタイヤの向き変えコントロールが難しく、ただ速度を失っている事だった。 実際、走行後の フロントタイヤの摩耗痕のチェックでも、そのバンク域での摩耗痕は “どちらつかず” 不安定なパターンの摩耗痕で、駆動力は掛からない フロントタイヤ ではあって欲しくないパターンだった。

GRA タイヤ 摩耗痕の解析 1

その為、それまで徐々に良くなっていた フロント周りの修正は、基本練習パターンを超えて、より実走行に近いパターンでのコントロール性を高めていくステージへと移れる事になったので、12月のイベント迄の間に幾つかの修正を重ねた。



『 11月3日 ・ リアの課題 』

それまでの ノーブレーキ・基本練習パターン でのバランス取りの段階では見えなかったが、前後ブレーキを使った、練習走行パターンになると、リアからのバンクコントロールが曖昧な点と、R周りの余分な挙動がFの動きに影響している様子が垣間見えた。
その為、リアスプリングを 2段階高いレートへ、525 LBS/inch から 575 LBS/inch へ変更し、同時に リアサスペンション周りの整備、アライメント取りを行なった。

GRA タイヤ 摩耗痕の解析 2

【 タイヤから診る、ライディング 】より
http://gra-npo.org/lecture/ride/tire%20diagnosis/img_Tire%20diagnosis.html

  



『 12月 1日 ・ 走行結果 』


フロントは、かなりバンクコントロールが容易になり、同時に 最大バンク時の接地安定性、方向安定性共に高くなる。 実際、フロントタイヤの 摩耗痕を確認しても、以前は どちらつかず の様子の摩耗痕だった領域が、旋回方向の力による摩耗痕、つまり タイヤの向きに平行な摩耗痕を残していた。

後は、トレッド端部の摩耗痕からも判るように、最大バンク時のコントロール性をもっと明確にする必要がある。
GRA タイヤ 摩耗痕の解析 3


一方、リアは、リアスプリング変更が効果を発揮したのか、11月時とは明らかに異なる摩耗痕になった。 トレッド外側からトレッド端部まで、タイヤの向きと平行な摩耗痕は無く、端部は 80度近い摩耗痕が残るなど、かなり有効な使い方が出来ている事は明確で、当面はこの仕様で行ける見込みがつきそうだ。
GRA タイヤ 摩耗痕の解析 4








メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.