このエントリーをはてなブックマークに追加





  まけて ください   Please meke a discount 


僕は、買い物をする時、コンビニでもスーパーでも、
必ず レジの店員さんの目を見て言います。

  「 まけて ください 」と

何故って、話がしたいのと、相手を “ 人 ” として接したいからです。
でも、レジスターは冷酷です。
本部のサーバーと直結していますし、カメラで録画もされています。

  「 50銭 でもいいから 」と言って粘っても、絶対ダメでした。



ところが、今日、奇跡が起きました。
スーパーのレジは 405 円 と表示されている中、
「 まけてください 」と、若い女の人をじっと見つめて言ったら、

  「 はい、403 円です 」!

2円! 安くしてくれた !!
いや、レジ袋 無しの代金でした。




・・ 明日も、頑張ります。


    *  *  *  *  *  *  *  *


世の中のコト、色々と自動化が進みます。
電話交換手 の 人が居なくなり、
車掌さんや、切符改札の人が居なくなり、
企業の受付窓口の人、銀行窓口の人も少なくなりました。

自動ドアが当たり前になり、ドアの開閉マナーが薄れ、
エレベーターの普及で、階段での荷物助けを見かけなくなり、
見知らぬ人同士、助け合いする光景も少なくなりました。

そんな変化を嘆くつもりは、全くありません。
世の中が変わるのは、当たり前の事です。
ただ、心配なのは、人の熟成の機会です。

人がやっていた仕事を機械が行ない、
僕達は、人ではなく、機械と無言の会話が増えています。
人と接して、人との付き合い方を学ぶ機会が、
自動化によって奪われているコト、忘れてはいけません。


    *  *  *  *  *  *  *  *


近い将来、自動運転の車が多く占めるでしょう。
今までなら、進路を譲り合い、手で軽く会釈を返し、
お互いを尊重し合う交通社会を作るコトが出来たのに、
近い将来、期待さえ出来ない社会になります。

便利さ、安心を追い求めて変化するのは当然です。
しかし、それに流され、大切なコトを失ってはいけないでしょう。

人は人と接してこそ、真の成長をするものです。
どんな時でも、人と接するのが愛であり、
そんな愛に溢れた社会で、生きたいと願っています。
 






メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.