このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント名 自由練習会
開催日

2016年 10月 9日

開催場所

りんくう公園 特設会場 (大阪府)



課題 はっきりは、前進の証拠だと ・・!

タイヤのグリップ感じれるように ・・!

セッティングの道はまだ遠く ・・!

 

 


課題 はっきりは、前進の証拠だと ・・      

神戸市  K  さん

今回も課題を沢山持ちかえる事の出来た素晴らしい
イベントをありがとうございました。
 
今回は朝一のライトウェット路面から始まりました。
場所柄、高架下と言う事で雨が直に降り注ぐ環境ではなく
程よいウェット感の有る路面により、どの様に車体に無理をさせているかを
確認しながらの良い準備体操と自身の見直しを行う事が出来ました。
 
そうしていると小林代表からのご指名で、コーンを中心とした
定常円旋回(?)が出来ますか?と言う挑戦を頂き
まぁ、それくらいなら出来るんじゃないか?と思ってやってみるも
まずアクセルワークが乱雑で回転半径が定まらないので
バンク角も安定しないので、輪をかけて円が安定せず散々な結果に終わったのでした。
が、これについては後の自由練習で暫く反復していると
少しだけではありますが、糸口が見えてきたような気がしました。

その後、徐々に路面が乾くにつれ大胆(と言うか乱雑)に乗れるようになって来たのですが
その大胆さが良い方向にかみ合わず、空回りと言うか
車体の上でもがいて居るだけで、例えば車速とバンク角の
折り合いが付かずにフラ付いたり
前後タイヤが破綻するほど荷重を掛けたいと思っていても
どうにも荷重の仕方が悪い様で、その感覚を感じる事が出来ず
適当なバンク角が着いたら車体の向きが変わるのを
ボーっと待っているだけだったり
もう少し何かが見いだせれば、噛み合えばカチッ!とまでは行かないまでも
もう少し納得のいくオッ?来た?と言う様な感触を
得られるのでは無いかと言う気がして、とても歯がゆかったです。
 
他にもウェット路面や低速での反復練習が少し身についてきたが
その感覚を使うタイミングが上述の車速とバンク角云々同様に
作り出せなかったり早かったり遅かったり。
とは言え、そんな感想も定常円旋回の反復練習に始まり
変則8の字や変則オーバルの反復をを行ったからこそ
成功するイメージ(実際成功率は非常に低いですが)を頭に描く事が出来る様になってきました。
今までは漠然と上手に、とか速く、とかそう言うイメージにすら
なってないイメージしかなかったものが、こうも明確に自身の中で
変化が見られたのが自身でとても驚きました。
代表のお話の中で、本当の上手さは初見のコースでの完成度こそが
真の上手さである、と言ったお話をしておられましたが
その為には様々な経験則による手札が必要であり、そうあるためには
もっと反復練習による磨き・制度の向上を行いたいと思いました。 
 
そして、ある程度の乗り方が当日なりに固まってきたところで
まず、低速の旋回時にステアリングの重さがしんどかったので
Fタイヤの内圧を少し上げ、いい感触を得られると
側で見ていた代表からも、動きが良くなったと仰って頂き
自分の事で実感は有ったのですが「へー、そうなんだ!」と
何故か自分の事では無いようなとても不思議な感覚を覚えつつも、とても自信になりました。
 
続いては、どうにも左右の旋回時に違和感を覚えたので
前回の参加で物凄い衝撃を受けた「妖怪棒」を自身で都合してきたので
これを用いて、フォークの調整を試みると
案の定少し捩れが生じており、これの是正を行って試乗を行ったところ
もう一つ良くなったのが、直ぐに分かりました。
この調整法をお教え頂き、本当にありがとうございます。

その状態で、当日の最後にタイムアタックを迎え
そこそこの自信を持って臨んだものの、これまた代表のお話にありました
コースの記憶法(ライン取りを覚えると自然とコースが頭に入るという物)を
実践できるほどの、目が出来ておらず丸暗記に近い形で臨み見事にアタック2本目の
コースイン早々にミスコースをやらかす、と言う失態を晒してしまいました。
  
今回の練習会は、以前の自身に比べて確かに何かが積みあがって居る感触が有りました。
しかし、その程度の積み代では次のステップには足が掛からない事を
分かっておらず、意識と現実のズレに焦れさせられた一日となりました。
  
しかし、こうして一つ一つ課題が明文化出来る様になってきたのは
間違いなく、前進している証拠だと思うので
焦らず、着実にやっていきたいと思いますので
また、ご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。
  
それと前回参加時の車体との高速コーナーでの会話感と言うのは
今回の自反復練習でよくわかりましたが、自分が車体の声を
聞き取れてないだけの様でした。
例えば切り返しや、高速コーナーでは荷重が大きく
サスペンションは一気に入ろうとします。
そんな局面で市販車の元々へちょいサスを
乗りっぱなし30年掛けて3万キロ弱を走った更にへちょいサスを
どの様に、やんわり使ってあげるかと言う
出来の良い車体に乗せて更なる境地を望む様な楽しみ方は出来ないが
限界の低い(殊更、サスやタイヤのキャパシティーを低くしているのも自分ですが)車体を
いかに技術を持ってして破綻させない様に付き合うか、
これもまた楽しみ方の一つと思う事ができました。
 
とは言え、今回の練習会で整備上の問題点がボロボロと
噴き出してきたので、ある程度のレベルの車両にしないといけない必要性は
十分に感じられたので、少しずつにはなると思いますが
どうにか仕立て上げていきたいと思います。
 
感じたことが、あまりにも多すぎていつも以上に乱文っぷりに拍車がかかっておりますが
ご査収頂ければと思います。
 
今回も、ありがとうございました!

このイベントの資料一覧ページへ戻ります   参加者へのアドバイスページへ移動します




 タイヤのグリップを感じれるように ・・      

神戸市  T  さん

自由練習会に参加して(2回目の参加)
 
今回、新しいタイヤをはいていったのですが、
午前中はあいにくの雨でタイヤの違いがあまりよくわかりませんでした。
路面が濡れていると、滑るという恐怖心でタイヤの違いを感じる余裕がありませんでした。
 
午後からは路面も乾いてきたので、タイヤの違いを感じる環境になってきていたのに
午前中の練習時にこけないように意識しながらパイロンのまわりを必要以上にまわりすぎたせいか、午後からの練習は少しまわると気分がわるくなり休憩が多くなり、せっかくの練習時間を減らして
しまい、もったいないことをしてしまいました。


しかし、午後からはその少なくなった練習時間の中でも、路面が乾くにつれて確実にタイヤが
グリップしているのを感じ取れるようになってきました。
途中、Nさんから自分の気づかなかった部分(コース取りの際のハンドルをきる角度について)
のアドバイスを受け、ご指摘いただいた事を意識しながら続けるとスピードがあがりスムーズな
コーナリングが出来てきたような気がしました。
 
バイク交換の時間で、僕のバイクは、乗りにくく扱いにくいという感想を頂きながらも、
お二人とも華麗なテクニックで乗りこなしているのを見て、すごいなぁと感動していたら、
小林さんが、「僕らはこんな風に乗りこなしているけれど、君が同じように出来なくてもいいん
だよ」言ってくれたことで、肩の荷が下りたようなホッとしたような安堵感に包まれました。
 
しかし、小林さんのように華麗にバイクを操れるように、一歩でも近づけるように
これからもマイペースで練習を続けたいと思います。
 
今回も楽しく走ることが出来ました。
有難うございました。

このイベントの資料一覧ページへ戻ります   参加者へのアドバイスページへ移動します
 




セッティングの道はまだ遠く ・・      

大阪府  N  さん

10月9日 自由練習会の感想

◆ 当日したかった事

フロントフォークの油面とギヤ比を変更して来たので、現状確認と調整
必要が有ればさらなる油面調整

◆ 感想

当日は朝から雨が降っていて開催直後は弱雨で路面はウエット→その後止み午前中はハーフ
ウエット→午後からはドライになったけど強風…
天候には恵まれませんでしたが、逆にウエットによる低ミューの状態が悪い箇所の膿み出しに
なって良かったのかも?

朝一番の慣熟走行でウエット路面では、ターンインするとフロントの接地感が無くアンダーが
強くそのままスリップダウンしそうな状態なのがわかり、フォークオイルの油面調整よりそちら
の解決を優先することにしました。

 
症状は、前に小林さんから「ターンイン時にハンドルの切れ始めとバンクし始めの時にトレール量
と接地面の移動のバランスが悪いのか? お互いが干渉しあって一瞬ハンドルが止まってからまた
切れ始める」とアドバイスをいただいていたのでその瞬間にウエットの低ミューの路面ではグリ
ップを失っている。
  
と、いう感じなので、現地で出来る事として突き出し量を多くしてフロント荷重を多くして症状
の出る所を早く通りすぎるようにしましたが…
このままではフロントの挙動が神経質になってしまうので空気圧を下げ対応しました。
その後は、練習をしながら全体のバランスを見ていたのですが…
目が回って気分が悪くなり横になって、他の参加者の練習を見ていましたが…
性分なのか見ていて思った事を言ってしまったので…嫌味を言う奴と思われていなければいいの
ですが…
 
自分の事では根本的な解決をする為に今後は、フォークスプリングのレート・トレール量・タイヤ
のサイズにインチや形状などまだまだ沢山試してみてみる必要が有りますが1つするたんびに
一からセッティングし直しなので、自分がイメージした走りを無意識にトレース出来るようになる
にはまだまだ遠いな〜〜と思いました。m(__)m

 

このイベントの資料一覧ページへ戻ります   参加者へのアドバイスページへ移動します
 



このイベントの関連資料  
当イベントのコース図ページへ移動します
当イベントの[イベント資料]ページへ移動します
当イベントの アルバム・画像 ページへ移動します
ご質問やご意見は右のボタンをクリックして送信ください ⇒ 電子メールを作成するためのウィンドウが開きます。 ご質問やご意見をお待ちしています。


GRA の活動資料・データ室へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します


メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.