前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント名 GRAの自由練習会
開催日

2017年 3月 26日

開催場所

りんくう公園 特設会場 (大阪府)



攻めてこそ、真のバランスが ・・?

まだまだ教わりたいことが ・・

フォークは良くなっていたが ・・

 

 


攻めてこそ、真のバランスが・・?      

兵庫県  K  さん

■ 一週間前から

イベント参加に備えてオートバイの整備をした。

一週間前、リアのサスペンション周りの分解整備。
サスペンションユニットを外し、スイングアームも外し、 各部の清掃とチェック、
そしてグリス交換をしつつ、更なる フリクション低減を求めた。

前日、フロントサスペンション周りの分解整備。
ブッシュとオイルシールの交換にコーティング処理。 残ストローク量と1G'車高を過去データに
合わせての油面調整。

その後の試走、
あまりにも上質な動きに心ときめき、 更に上を目指し、フォークオイル少し抜く。


■ イベント当日

いよいよ イベント当日。
いつもの基本練習、ノーブレーキでの旋回から始まり、 様々な角度のターンと速度を組み合わ
せた基本パターン。

調子良い! 気持ち良い!
冬の間の走行不足を忘れてしまう程、オートバイは走る。
こんなに気持ち良くて良いのか ?



■ ベテランSさん


いつも お世話になっている ベテランSさん。
ちょっと怖い風貌で、変わった車両を好む人だが、 セッティングに関しては「一家言」のある、
信頼できる人。

そんな彼に、時々、車両に乗ってもらって評価を受けている。
きっと今日こそ、「いいねぇ〜」と言ってくれる筈。

しかし!
返ってきた評価は 「不安定で恐い」だった。(??)



■ 転倒に学ぶ

「そんな事はない!」
「きっと、走りを観ればわかる筈 」
個人練習時の気持ち良さから、彼の言葉はうわの空だった。

個人練習から全体で行なう走行練習へと移り、 気持ち良く走り始めたその時、
ちょっと走りが攻めすぎたのか、 前日の更に上を狙ったセッティングが仇なのか、
フルバンク時にコマの様にゆっくり回転転倒した。 ?????


■ 攻めてこそ

イベント終了、ガレージに戻り、
大きく曲がったブレーレバーと 整列が崩れたフロントフォークを直しながら、
転倒の原因を考えた。

判った !!
ノーブレーキの基本走行練習にだけ会うセッティングだったのだ。
ブレーキを一切使わず、様々な走行パターンがこなせるが、
ブレーキ、特にフロントブレーキを使うと合わないんだ。
ターンイン時のトレール量が小さ過ぎるのだ。きっと。

その為、フルバンク時にフロントブレーキ使用によって、
当然ながら、ノーブレーキ時よりもトレール量が減り、
それで不安定になったフロントタイヤが理想状態よりも舵角がつき、
少し切れ込み過ぎたフロントタイヤが抵抗になり、
それで荷重が減っていたリアタイヤのスライドが始まったのだ。

ベテランSさんの見解は正しかった!!

攻めてこそ、はっきり出たオートバイのアンバランス。
やっぱり、普段乗りだけでなく、限界域も確認しなくては!

早速に、フォークオイル 4t 戻した。
また、1G'車高から中間ストローク域の車高も要調整だ。

さあ、これで次こそは、
攻めたフロントブレーキを使っての、高バランスの走りになるか?
もっと、もっと高い次元の世界へと行けそうだ。

待っていてください、Sさん。



■ あとがき

整備やセッティングの話ばかりになりましたが、
こんな恵まれた環境で練習ができるのを感謝しています。

オートバイと深い会話をしてこそ、オートバイの理解が進み、
一般道での安全度の高い走行を実現できるのですし、
それはいつまでも楽しく安全なライディングへと繋がります。

また、これからもよろしくお願いします。

このイベントの資料一覧ページへ戻ります   当イベントのコース図ページへ移動します



まだまだ教わりたいことが ・・      

大阪府  K  さん


今回は初めての参加と言うところもあり、代表初め、参加者の皆様には大変お世話になりました。
自分の車両に不安要素が多く今回の参加となりましたが ご指摘や、調整頂き勉強になりました。



パイロンでの自己練習もこんなに難しく、バイクに乗れていない自分を再確認できました。
普段はワインディグメインのツーリングですが今回の練習が危険回避の一環になれば 嬉しいです。

まだまだ教わりたいことがあります。
今回に懲りず申し込みしますので、その折にはどうぞよろしくお願い致します。



【事務局より】
今回はGRAのイベントに参加してくださり、ありがとうございました。
その上、その言葉からGRAが目標に掲げている事も理解してくださっている事がわかり、
大変にうれしい限りです。
また、オートバイのセッティングは、条件が整った場所で行なってこそ正しく進めるもの
ですから、どうぞ、機会がありましたら、ぜひ、参加を待っています。


このイベントの資料一覧ページへ戻ります   当イベントのコース図ページへ移動します



フォークは良くなっていたが・・      

大阪府  N  さん

■ したかった事

フロントフォークのセッティング

■ した事

フォークのイニシャル調整と走り込みをした。



■ 感想

このところ参加のたんびに何か忘れ物をしてしまっていましたが、今回は工具箱を忘れてしまいセッティングをしようにも何も出来なくなってしまいました。
その上走り始めると目が回って気分が悪くなり練習時間の半分以上を休憩している状態になり何しに来たんだか・・・

それでも、セッティングを変更してきたフォークが前回より良くなっていることと他の参加者さんのバイクに乗せても貰うことによって自分の車両と比較することによってそれぞれの車両の短所・長所を踏まえた上で自分は今後どうしいきたいのかを見ることが出来ました。

次回参加の際には忘れ物をしないのと体調をもう少し何とかしたいです。



【事務局より 】
いつも、器材の手配と搬入でお世話になっていて、お蔭様で、より充実したイベント企画を
行なう事ができ、とても感謝しています。
ただ、今回は ご自身の工具セットの搬入をお忘れになったとの事で、いつものように、
車両の状態を確認しながらの分解整備&セッティングにはならなかったとの事で、残念です。
どうぞ、次の機会には、更に充実した練習機会にしてください。


このイベントの資料一覧ページへ戻ります   当イベントのコース図ページへ移動します



このイベントの関連資料  
当イベントのコース図ページへ移動します
当イベントの[イベント資料]ページへ移動します
当イベントの アルバム・画像 ページへ移動します
ご質問やご意見は右のボタンをクリックして送信ください ⇒ 電子メールを作成するためのウィンドウが開きます。 ご質問やご意見をお待ちしています。


GRA の活動資料・データ室へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.