このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤ交換、妖怪ガレージ・持ち込み企画 感想文_1
イベント名 タイヤ交換・妖怪ガレージ・持ち込み企画
開催日

2020年 6月 7日

開催場所

妖怪ガレージ (神戸市内)


感想文 1.違和感がなくなった 感想文 2. ギッタンバッタンはほぼ消失


感想文 1 . 違和感がなくなった

大阪市   M さん



こんにちは  こばやしさん

早寝早起きになったんですね
よきかなよきかな

わたしは、昨日はお疲れで、きょうもおつかれです。
昨日より早く起きれました。

感謝!  当日は、結局私の体力のなさを気遣ってもらってほとんどの作業をしてくださって
ありがとうございました!


インプレッション

タイヤ交換
・タイヤの直径が増えた。減っていたタイヤの分フロントが低くなっていたのだと実感。
 
走っているときにあった違和感がなくなった。
・タイヤの形状の急激な変化により、曲がるときのコントロールに戸惑う。
 (当日の帰りに感じたこと)


ハブダンパー交換
・アクセルオンオフ時のぎくしゃく感が緩和された。(昨日の病院の行きかえりに気づく)


ブレーキキャリパー清掃
・特段の変化感じられず
 日曜の帰り道と昨日病院の行きかえりで感じた範囲。


あまり修飾する言葉が出てこなくてごめんね。
昨日も今日もまっすぐの道しか走ってないのでこんな感じです。
はやくニュージーランド解禁になったらいいのにね

                         M(仮称)さんより

タイヤ交換、妖怪ガレージ・持ち込み企画 感想文_2




【 担当講師より 】

先日は、妖怪ガレージ・持ち込み企画への参加、お疲れさまでした。
2014以来 6年振りのタイヤ交換作業でしたから、作業手順などどの程度覚えていらっしゃるか気に掛けておりましたが、簡単な説明とアドバイスで着々と進めていらっしゃる様子に安心しました。

タイヤ交換は一番ポピュラーな整備作業の一つですが、ただ組み替えるだけの作業だけでは、多くの場合はオートバイの寿命を縮め、何よりも走っている時の楽しさや安全性がスポイルされるものです。大切な事はタイヤ組み換えそのものではなく、同時に行なう色々な確認や清掃、給脂、そして整体(アラメイント)取りの作業です。

M さんがタイヤ組み換えの大体の流れを覚えて下さっていたので、お蔭様で、今回は組換え以外に行なうべき大切な作業の説明に集中する事ができ、新コラム・【 タイヤ交換の常識 の 非常識 】の構想が浮かんできました。

なお、細かい事になりますが、ブレーキキャリパーの清掃・整備作業の際、ピストンとダストシールに給脂作業を行なっていらっしゃった痕跡がはっきりと残っていましたが、タイヤ交換時には ブレーキキャリパーの 清掃・整備作業は欠かせないので、私が普段使っている キャリパーの潤滑に適した スプレー(油脂)を使いました。

また、適正チェーン遊び調整についてですが、2014年の作業時に最適調整を行なった際に、1G 状態で スイングアーム中央部の下端面からチェーン(指で下に押しながら)上面まで距離を測定した数値と今回改めて測定した数値の比較をお願いします。大きな違いがなければ 適正チェーン遊び調整は不要だと思いますし、同様に、前回行なっている 前後タイヤ整列調整についても ほぼ狂っていない筈です。

またの確認連絡をお待ちしています。

                                      小林 裕之

 




感想文 2. ギッタンバッタンはほぼ消失

大阪市   M さん



小林さん お疲れ様です
今日も少しだけバイクに乗りました。

少し回復したようでブレーキのタッチの変化に気が付けました。
・レバーに触って、力と入れたとたんブレーキが効き始めていることがわかる。
特にフロント。 リアは、やっぱりあんまりわからない感じです。

チェーンのたるみは確認していないですが 今日走っていて感じたのは、ブレーキオンオフ時の
ギッコンバッタンはほぼ消失。 を改めて感じました。 これは、タイや摩耗による高さの変化かが  今回の中央部分は新品同様の高さになることで 前回合わせた状態にほぼ戻ったからかなと思うことにします。

とりあえず今朝だったか昨日の夕方だったかに ハブダンパーは、発注して週末には届きそうです。 届いたら連絡しますね。 フロントフォークのオーバーホールのための 部品発注作業は、残念ながら今の集中力では いつできるかわからない状態ということを認識できる程度の知覚。



                            M(仮称)さんより


タイヤ交換、妖怪ガレージ・持ち込み企画 感想文_3

タイヤ交換、妖怪ガレージ・持ち込み企画 感想文_4



【 担当講師より 】

改めて 追加で「 感想文 」(結果報告)を送ってくださり、ありがとうございます。

ギッタンバッタンが解消した理由は、タイヤ原因も考えられますし、交換した ハブダンパーも良い方向へと助けてくれているものと(勝手に)思っていますし思うことにします。

なお、次回は 今回の作業には入れられなかった フロントフォークの分解整備ですね。
一般的には オーバーホール(完全分解整備)となりますが、より細部までの細かな整備と修正加工、そして組み終わった後でのアライメント調整( 1G'時 車高と残ストローク車高 の調整 )などを行ないますので、初めて見聞きする事も多いでしょうが、無事にやり遂げていきましょう。

なお、当日に行なう作業項目と内容、作業時間予測を 以下のサイトで公開していますので、事前に確認してもらえると助かります。

フロントフォーク分解整備・
妖怪ガレージ 持ち込み企画
「 開催案内 」


                                    小林 裕之




タイヤ交換、妖怪ガレージ・持ち込み企画 感想文_5




 



 ● <Q&A> MT-09、妖怪ガレージに持ち込みたい!
          FAQ,  MT-09 maintenance in Yokai Grage
     中古でオートバイを購入した人から、基本整備コースの要請がありました
     新車と違い、劣化部品の確認の他、分解整備履歴の有無も確認が必要です


 ● <Q&A> フロントフォークの分解整備を!
          FAQ,  Hope overhaul of the front forks
     フロントフォークは操縦性や安定性に最も大きな影響を与える構成部品です、
     しかし、滅多に整備されず、正しく適切な整備さえ行なわれない問題箇所です


 

このイベントの関連資料  


GRA の活動資料・データ室へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します




  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!

メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.