前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

“草ジムカーナ”グランプリ2002 第8戦・『びわこGP』リポ−ト
琵琶湖に集まりし者たち

今回、びわこGPの会場となったのは滋賀県大津市の琵琶湖のほとりにある月の輪自動車教習所であった。天候はというと、今にも雨が降ってきそうな空模様ではあったが、そんなものはみんなの元気で吹き飛ばせ!という雰囲気の中でびわこGPは始まった。

まずはAクラス。ジムカーナ初参加者のクラスである。今回のエントリーは3台と少なめではあったが、参加した車両は50ccが2台と1200cc(H.D スポーツスター!?)1台というまさに大きいのから小さいのまでという組み合わせとなった。結果は、NS50Fで参加の菊池氏が初参加と思えない走りで1位となった。

次にBクラス。今回はこのクラスの半数が初のGP参加となったが、練習会などに参加していた人達だったので、Aクラスの人達とは違って別な緊張感での参加となったであろう。その緊張感の中、GP初参加だったジェイド250に乗る朝野氏が2位を大きく離して堂々の1位を獲得した。

そしてCクラス。このあたりになるとGP常連の者達が多くなる。このクラスには変わり者(?)がいて、参加するGP戦ごとに車両が違っていて、当日にならないと何で参加するのか判らないという人物だ。そんな変わり者(?)の城氏だが、今回のGPでは関東GPに引き続いてのCRM250Rで2位に5秒近い差をつけ、見事クラス優勝を果たしている。

そしてDクラス。Dクラスになると走りがだんだんキレてくる。特に注目の走りをするのは、Dトラッカーに乗る見尾谷氏で、車両が暴れまくって見る者をヒヤヒヤさせ完走さえ果たせば速く、今回もしっかりと6位以内入賞をした。1位になったのはSDR200に乗る堅実な走りの都竹氏だった。

最後はEクラス。ここは通常“妖怪クラス”と呼ばれ、人間を辞めた(?)人達が集まるクラスである。それは走りを見てもらえれば分かります。みなさん走りがオカシイです。で、どこがオカシイ(?)かというと、今回第1ヒートでトップだったKSR2の園田氏がいい例である。第2ヒートを迎え既にトップタイムは逆転されている中、再逆転を狙って走りだそうとした瞬間、ついに朝から心配していた雨が降り出してきた。ここで普通の人間だったらペースを落とす。しかし彼は全く動じずに、降り始めで特に路面は滑りやすい状況であったにもかかわらず、逆にペースアップしているのでは?と疑うほどである。しかしさすがに、そんな彼も雨には勝てず、コース中盤で転倒!が、そのまま何事も起こらなかったかのように立ち上がり、見事完走!やはりオカシイ。

そんなこんなで、今回のGPは最後のライダーの時には雨が降ってきてしまったものの、無事(?)終了した。そして、その後雨にも負けず、みんなで和気あいあいと後片付けをし、表彰式では全員が賞品を貰い、笑顔で家路についたのだった。


GRA の活動資料・データ室へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.