前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加


GRAツアー静岡Rdの報告♪

全国各地を巡って開催するGRAのイベントが『GRAツアー』です
長野Rd開催後の報告を、どうぞゆっくりとお楽しみください♪
 

  雨を吹き飛ばすのは、皆の笑顔

開催デ−タ 開催日 2008年10月26日 (日)
  開催場所 小笠山総合運動公園 内 特設会場
 (静岡県袋井市)

10月26日、GRAツアー静岡Rdが、静岡県袋井市にある小笠山総合運動公園で行われた。今年、2年目を迎えるこの会場は広く、コースレイアウトが自由に取れる最適な会場の一つだが、この会場は参加者自らが見つけ、借りられるように交渉したものである。
GRA流の自分達のやりたい事は、自分達で行なっていくという精神が既にここから始まっているのだった。

さて今回は最初からとても嬉しい事があった。初参加者が当日受付者を含め5人も居たのだ。Webサイトを見た人や、知人から誘われた人等様々であるが、「行ってみたい。」と思い実際に来てくれた事はこの活動に対しての手応えを感じられるから嬉しいものだ。

朝一番、全員が協力して会場設営や受付を行ない、次にあったのが“挨拶タイム”だ。参加した全員が一緒にイベントを作っていく“仲間”である事を意識付ける大切な時間である。戸惑う人も居たが、一人一人が握手をしてメッセージを交わしていくうちに“仲間意識”が高まるのが実感できた。

参加者の希望によって、“挨拶タイム”の次には走行の練習を行なったのだが、GRAでの練習方法には大きな特徴がある。それは‘オートバイの操作を練習する’事ではなく、‘オートバイの動きを感じて理解して利用する’事を学ぶ点だ。オートバイ本来の自然な動きを理解し、オートバイが持つ
本来の力を発揮させ、生き生きと走らせる事を学ぶ練習だが、慣れない練習に最初は戸惑う人も居たが、初参加にも関わらずその“コツ”を理解して体得してしまった人も居るからすごい!

さて、午後からは楽しみの“タイムトライアル”だ。午前中には止んでいた雨がポツポツ降ったりやんだりを繰り返し、出来れば秋晴れの中を走りたいという思いはあるが、こればかりは言っても始まらない。
それよりも、一人一人が力を発揮できる様に、全員で盛り上げていく事が大切である。声掛けやミーティングを重ねて、一日の集大成を全員で盛り上げる大切な時間である。

実は、このタイムトライアルの頃から参加者に変化が見られたのだ。朝の内は緊張と不慣れから意見が言えなかった人達も、少しずつ意見を出し声を掛け合う様になってきたのだ。
満足のいく走りが出来た人へはもちろんの事、充分に力を発揮できなかった人へも、「すごく良い走りだったよ」そんなメッセージを込めた笑顔と拍手で迎え合ったり、タイムトライアルを一緒になって盛り上げる雰囲気に溢れてきたのだ。
速くなる事も上手くなる事も楽しい事だけど、一生懸命に走る姿を見てくれて、一緒になって喜んだり励ましたりしてくれる人達に囲まれている方が何倍も幸せだと思う。

ご機嫌のお二人♪
そう! GRAが開催するイベントで一番大切にしているテーマは【お互いを支え合う】という事だ。他の人の事を気に掛け、自分の出来る事を行い、出来ない所はフォローしてもらい、そうしていく事によって連帯感が生まれ、一日を人間らしく充実させることができるし、イベントもより良いものになっていくと信じているのだ。

ただ今回は残念な事に、進行に遅れが出てしまい、タイムトライアルの後にいつもは行なっている“ミーティング”が充分にできなかった。社会の中でオートバイの楽しみを広げていくために参加者同士で考えや意見を交わす事は、走る事以上に大切な事だから、今回の反省を踏まえて、次の機会には進行を進めていきたいものだ。

ただ走るだけでなく、一緒に居る人の事を考え、助け、助けられ、一回一回を大切にしながら、常に前進していくGRAのイベントに貴方も参加してみませんか。

当イベントの資料一覧のページへ移動します
当イベントのコース図ページへ移動します
当イベントのリザルトページへ移動します
当イベントの アルバム・画像 ページへ移動します
当イベントの 獲得ポイント表のページへ移動します

GRA の活動資料・データ室へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します


許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.