このエントリーをはてなブックマークに追加




“ いつまでも、楽しく、安全なオートバイライフ ”を叶える、
ライダーとオートバイの為の“クリニック相談診断)”です。


「乗っていて、時々、不安を感じる」
「オートバイの調整方法がわからない」
「長距離を走ると、身体が疲れやすい」など



そんな不安や疑問と悩みを、適切な相談と診断で“サポート”します。



『 クリニック 』は、オートバイライフをもっと楽しくする機会です

 楽しく充実したオートバイライフを過ごすには、優れたライディング技術や、
 高性能なオートバイは決して必要ではありません。
 最も大切な事は、あなたがあなた自身を知り、オートバイを知る事です。

 逆に、どんなに自信がある人でも、どんなに高性能なオートバイだとしても、
 どんな運転操作が苦手かを知らず、オートバイがどんな状態かを知らないままで
 公道を走る事は、誰にとっても良い事だと言えません。

 当クリニックでは、あなたの人生の楽しみを大きくできるように、講習レッスン
 やセッティング講習で経験豊富なスタッフと、十分に広く安全な走行エリアも手配
 して、あなたの来場を待っています。

 ※ 見学や相談だけでの来場の方も、大いに歓迎しています。






セッティング・クリニック 主なメニュー

 〇 タイヤの 適切なエア圧の確認と調整(走行確認できます)
 〇 レバー(ブレーキ&クラッチ)の適切な垂れ角、開き角度の確認と調整
 〇 ペダル(ブレーキ&シフト)の適切な高さの確認と調整
 〇 リア プリロードの適正調整の確認と調整
 〇 フロントフォークの整列確認
と調整
 〇 前後サスペンションの 最適なダンピング調整と確認走行
 〇 リアの車高の確認と最適値調整
 〇 前後の車高バランスの確認と調整
 〇 フロントサスペンションの残ストローク値の確認と調整
  ・・ など


 ※ 上記のメニュー以外に、参加された人の要望や必要性に合わせてさまざまな
   メニューを用意しています



【 最適エア圧調整 】
  あなたに最適なタイヤのエア圧を、走行で確認しながら、前後輪それぞれ調整します
  オートバイの操縦性や安定性は、タイヤの空気圧によって大きく変化・影響しますので、
  安全のためにも、一度しっかり調整と確認をしましょう




【 リア サスペンション・プリロードの確認 】
  
現在のプリロード調整が、あなたにとって最適値になっているかを確認します
  リア サスペンションは、乗る人に合わせて、最適な状態に調整できるようなっています
  オートバイを思い通りに乗り続ける為に、大切な調整の一つです




【 リア サスペンション・プリロードの調整 】
  リアサスペンションのプリロード調整を、あなたに合わせて調整をします
  プリロード量の調整を、あなたに合わせると、オートバイが“あなた仕様”に変わります
  ぴったりと合わせて、気持ち良いオートバイライフを過ごしましょう




【 フロント フォークの 整列確認と調整 】
  フロント サスペンション、2本のフォークパイプの歪みを取ります
  平行であるべき 2本のフロントフォーク、知らない内に、少し歪み易い箇所です
  コーナリングが左右で違っていたり、低速走行時のふらつき感、などの解消に役立ちます




【 リア サスペンション、最適な車高の確認と調整 】
  リアの車高調整は、リアタイヤのグリップや操縦性に直結します
  加速時やコーナリング時、リアタイヤのグリップやコントロール性に影響します
  ほんの少しの調整で、ほとんどの人が、大きな違いを感じる調整ポイントです




【 最適なトルク管理と実走確認 】
  ボルト(ねじ)を締め付けるトルク(力)の違いは、オートバイの動きを変えます
  ボルトや座面の確認と、締め付けトルクを調整して、実走行で最適値の確認をします
  ほんの少しの調整で、オートバイとの距離感に、大きな違いを感じる調整ポイントです




【 フロント フォーク、各車高データの確認 】
  フロント フォーク から、0G、1G'、残ストロークなど、車高データを測定します
  ボルトや座面の確認と、締め付けトルクを調整して、実走行で最適値の確認をします
  ほんの少しの調整で、オートバイとの距離感に、大きな違いを感じる調整ポイントです




【 前後タイヤの整列確認と調整 】
  前後のタイヤは一直線上に整列しているべきで、その整列の確認をします
  新車でも整列していない場合が多く、ターンの左右差やタイヤ編摩耗の原因となります
  いつまでも、気持ち良く走らせる為に、整列の確認と調整はお勧めです










ライディング・クリニック 主なメニュー

 〇 ライディング重心の左右偏差チェック(走行確認します)
 〇 ライディング重心の前後適正位置チェック(走行確認あり)
 〇 ブレーキングの適切操作チェック(走行確認あり)
 〇 適切なバンク角コントロールのチェック(走行確認あり)
 〇 適切なアクセル開度コントロールのチェック(走行確認あり)
  ・・ など

 
 ※ 上記のメニュー以外に、参加された人の要望や必要性に合わせてさまざまな
   メニューを用意しています



【 直線スラローム、ターンの左右差のチェック 】
  直線スラロームでは、ターンの左右差のチェックが簡単にできます
  ターンの左右差は、ライダーが原因の場合と、オートバイが原因の場合があります
  修正を加えながら、スラローム走行チェックをすると、左右差が解消して良くなります





【 一定・サークル走行でのチェック 】
  ブレーキ無し、一定半径のサークル走行は、基本中の基本と言える課題走行です
  一定のバンク角、一定のアクセル開度を守れば、サークル走行は簡単に実現します
  簡単な課題走行だからこそ、チェックと修正、スキルアップが簡単にできます





【 苦手セクションでのチェック、セルフチェック走行 】
  90度ターンや 180度ターンなど、苦手なセクション走行のチェックもできます
  上手になりたい走行パターンのセクションで、繰り返しの練習走行も可能です
  上手になりからこそ、目的意識と、納得できるまで走る意欲が湧いてくるのです





【 制動(ブレーキ)チェック、狭路セクションで 】
  狭路のセクションを使って、一定の速度から制動(ブレーキ)のチェックです
  狭路だからこそ、オートバイを真っ直ぐに制動させる技術がはっきりします
  自然に、無駄な操作や力を入れない、安定した疲れないライディングが身につきます





【 好きなセクションでのチェック、セルフチェック走行 】
  練習走行をしたいセクションで、クリニックチェックやセルフチェックも可能です
  上手になりたい走行パターンのセクションで、繰り返しの練習走行も可能です
  上手になりからこそ、目的意識と、納得できるまで走る意欲が湧いてくるのです





【 加速(アクセル)チェック、狭路セクションで 】
  一見、簡単な加速(アクセル)操作も、狭路セクションで、癖がチェックできます
  真っ直ぐに加速したつもりでも、多くの人は、左右どちらかに偏った走行癖があります
  直進状態でアクセルを正しく操作できれば、ターン中のアクセル操作も上達します











  ご質問やご提案は右のボタンをクリックで送信を!
電子メール送信用のウィンドウが開きます。 ご連絡をお待ちしています!♪







メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.