このエントリーをはてなブックマークに追加

 
参加

  18

概要 専用の施設のコースと車両、そして宿泊設備をセットにした鈴鹿合宿レッスンは、参加費が 3万円と高額ですが、普段の環境では決して得られない貴重体験を得る事のできるカリキュラムです。ただ、それだけに参加者を募るのは簡単ではなく、開催数も限られてしまうのですが、1996年は 年間 4回の開催と最も多く開催した年でした。
それだけ、受講効果の高さと受講熱気も高かったといえます。
イベント名 鈴鹿合宿
開催日

1996年 12月7日-8日

開催場所

鈴鹿サーキット 交通教育センター(三重県)


イベントの企画開催は、様々な準備や資料作成などが必要です
この公開資料が、皆さんの今後の活動の参考になれば幸いです

イベント当日・配布資料  
コース図のページへと移動します 参加予約者の一覧を表示します イベント当日に配布した資料を表示します 【PDF資料】
 

 Topic

当日、朝の施設側との打ち合わせにより、外周路を使用しない練習&タイム測定コースを設計する事になったが、複雑そうに見えて、メリハリの効かせられるコースです。

Topic  
同施設が開催するスクールのコースからは考えられないほど、入り組んだ、ある意味では自由奔放なデザインです








取材を受けて掲載された記事の一覧ページへ移動します

ニュースを投稿して掲載された誌面の一覧ページへ移動します
   

GRA の活動資料・データ室へ移動します
イベントリポート TOPページ へ移動します
活動年表のTOPページへ移動します
当イベントの開催年度の年表ページへ移動します



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.