このエントリーをはてなブックマークに追加


オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します


 Common sense and insane

トレール量は操縦安定性で一番重要な要素です。そして、ライディングによって変化するトレール量のコントロールこそ、オートバイの楽しみであり、私達が車両を評価する際の基準になっている程ですが、その重要さは正しく認識されていません。

The amount of trail is the most significant factor in handling stability. Controlling the amount of trail, which varies depending on the rider's riding style, is the fun and evaluation criterion for motorcycles, but the importance of this criterion is not properly recognized.



  Trail Controlled Riding




1. 理解が不足している、トレール量  Nobody knows the value of the trail


トレール と聞くと、下の様な図を見て、理解しているような気になっている人はとても多いものです。「 なぜ直進安定性に関係があるの?」と尋ねても、実際、正しく説明できる人は多くありません。

トレール用のイメージ、実際には、オートバイの説明には側面図だけでは理解が足りない


Many people know the diagram that explains the amount of trail, but not many can correctly explain why it is a factor that affects straight-line stability. This indicates that the amount of trail is not properly understood.




2. トレール量、その真の価値  Importance of Trail amount fo motorcycles


トレール量 は、前輪タイヤが担う二つの特性である、「方向安定性」と「旋回性」という正反対の運動特性の要素を、走行状況に合せて適切にバランスさせるのに最も大切な要素です。そして、この点こそ、オートバイに特有の特性であり、四輪車にはない大切な役割です。

従って、図で書かれている直立直進時の「トレール量」だけでなく、旋回時の「トレール量」の働きを正しく理解すれば、ライダーに合わせた最適な車両セッティングを行なう必要性も理解できますし、旋回時の “最適ストローク位置” がある事や、“安定限界トレール量” も理解できれば、最適なライディング理論の実践方法も理解できるのです。

この様に「トレール量」は、オートバイのライディング(運転操作)やメンテナンス(整備)、セッティング(調整)を行なう上で最も大切な要素で、「エンジン出力」や「足つき性」や「キャスター角」などよりもずっと重要で、操縦安定性旋回性安全性楽しさ など、あらゆる場面で影響を与えているのです。

トレール用、イメージ図

For motorcycles, the amount of trail is the most important factor in properly balancing the two opposing characteristics of the front tire, "directional stability" and "turning ability," in accordance with riding conditions. This is a characteristic unique to motorcycles and an important role that is not played by cars.

Compared to a car, a motorcycle with a large amount of wheel stroke and a short wheelbase has a large variation in the amount of trail, and this variation has a large effect on handling stability.In addition, when a motorcycle is leaned more than 30 degrees to make a turn, it is necessary to consider the unique characteristics of the motorcycle, such as the effect of the amount of trail on the lean angle change.







3. トレール、四輪車との違い  Concept of Trail amount different from car


専門解説書 で、「トレール量」について調べてみると、コピー&ペーストで、型通りの同じ説明文章が掲載されているだけでなく、その多くが、四輪車用の解説文章がそのまま転用されている例が多くあります。例えば、以下の様な説明文です。


A  「トレール量は、ステアリング回転軸の延長線と路面が交わる点と、タイヤの
  接地点の中心までの長さ」 とか、
B  「直進安定性とハンドルの復元力に影響して、トレール量が多いと直進性が
  高まり、ハンドルの復元力が強くなる 」

A. では、操縦性や安定性のバランスが最も重要になる バンク(傾斜)走行時の「トレール量」を
正確に説明されておらず、直立・直進走行が基本の四輪車用の解説文そのままです。また、B.では、タイヤが路面に対して基本的に直立した状態での説明になっていて、ハンドル操作は基本的には不要なオートバイ用の解説には完全に誤りです。

この様に、オートバイの事を正確に理解したら、四輪車用そのままの説明では、「トレール量』の真の役割を正確に説明しているとは言えず、採点するならば 100点満点中 50点以下にしかなりません。



However, many specialized books that explain the amount of trail are about the amount of trail for a car. Therefore, even if it is a commentary article for motorcycles, most of the commentary articles for cars are written as they are, and it is not the content that can correctly understand the trail amount for motorcycles.






4. 間違いだらけの二輪業界  Misinformation in the motorcyce industry


この記事を 読んでいる貴方が、「 トレール量 」について関心が無く、あまり深くは知らないとしても仕方無いと思います。それは、オートバイ業界が正しく説明していないからです。特に、オートバイの専門誌の解説は誤り酷く、「 トレール量 」の大切さを語らないだけでなく、「キャスター角 」神話とも言える程に、キャスター角に焦点を当てた解説がまかり通っている状態です。

例えば、こんな誤った解説文章がよくあります。


「 前輪に荷重を与えて、フロントフォークを縮め、立ったキャスター角が
 前輪の旋回性を高め ・・ 」 とか、
「 フロントフォークの突出しを増やすと、キャスター角が小さくなり、
 フロント荷重による旋回性能が高まり 」などと、

キャスター角だけで旋回性が高まる訳はないのに、物理法則を無視してイメージのみで語るライターや編集部が多く、多くの読者(ライダー)も同様な理解をしていて、オートバイを正しく理解して乗る事からは遠く離れている状態です。これには、車両メーカーの営業担当部署が、設計や幾何学の知識に欠けたまま、新車発表時等で配布する資料の文章を作成している事にも大きな責任があるでしょう。


 < 閑話休題 / キャスター角の作用、正しい解釈の件は次ページ以降、改めて解説します >


トレール量 」がオートバイの安定性や操縦性に、どのように大切な役割を果たしているのか、「 安定限界トレール量 」を理解しておく必要性とは、そして、「 トレール 」を積極的にコントロールして、高い安定性と操縦性を活かす為のライディング理論を解説していきますので、次ページ以降の内容を期待ください。



If you read this article, you have little interest in "trail amount" and you don't know much about it, I think it can't be helped. That's because the motorcycle industry doesn't explain it correctly. In particular, the mistakes in the explanations of motorcycle magazines are terrible, and not only does it not talk about the importance of "trail amount", but it is also a state where explanations focusing on caster angles are so popular that it can be said to be a "caster angle" myth. is.

I hope that you will read the explanation of the trail amount that continues on the following pages, understand its importance, and expand your interest in riding and setting that make the best use of its characteristics.





解説記事と画像 :小林 裕之
  
Texts and images : Hiroyuki Kobayashi


● 次ページで『 キャスターとトレール量 』を解説します


わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」を送信される方には説明を返信しますので、利用してください

『コラム一覧』ページへ移動します
次のページへ移動します




【 関連する記事、資料 / Related and Reference Articles

 タイヤから診る、 ライディング
    
Tire diagnosis is Riding diagnosis

  ライディングとは、タイヤに正しく適切に仕事をしてもらう事です
  あなたが、タイヤを診ないでライディングを語るなら、それは大き
  な間違いです


  荷重コントロールが旋回の“基本”
Load control is the basic of turning   
  オートバイにとってタイヤのグリップ力を左右する「荷重」は、ライディングフォームや視線よりもずっと大切です







クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.