このエントリーをはてなブックマークに追加





僕がニュージーランドへ
 移住したい理由、Britten

  
The country Britten was born



   
ニュージーランド生まれの Britten 氏が設計して、世界各地でのレースで圧倒的な成績を収め続けた Britten V1000、その独創性に溢れる独特な車体構造がわかる貴重なショットです。
  
 

   
 
独自開発の V2 エンジンをメインフレームにして、カーボン製のスイングアームとサブフレームを装着し、フロントサスペンションもカーボン製の ダブルウィッシュボーン的機構を備えている。そして 前後のアクスルシャフトは他に例を見ない程に大口径で、容易に締結剛性とセッティングの自由度を高めている事が判る。
1995年、設計者であり製作者の Britten 氏が 45歳の若さで亡くならなければ、今、どんな車両を製作していたのか分からないほど。 そう、この車両は 1994年型、27年前の設計。
  
世界的には “田舎” の国で、国際的なレースは開催されず、オートバイメーカーも無い国なのに、彼の様な人が生まれて、彼を認めて支援した人々が住む国。そんな、信念とユニークさを認める人々と自然の中で暮らしたいと願っている。

映像は、イギリスの公道レース・マン島TT でのデモンストレーションランに招待された時のもので、前年・1994年に ライダー2名体制で参戦して、残念ながら 1名がハイサイド事故で亡くなった事がテロップ案内されています。  











メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.