このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

2021年 7月11日 開催
オートバイとライダーのための“クリニック”

オートバイとライダーのための“クリニック”では、オートバイに関する様々な不安や疑問と悩みを、一人ひとりの要望に合わせて、適切な診断とアドバイスでサポートしています。
今回は、サスペンションのセッティングについて相談を受けましたので、内容別にクリニックの様子を報告します。

 The clinic for motorcycles and riders is a special event to respond to the worries
 and needs of each recipient." This time, it was a request regarding the suspension
 setting, so I will report it by content.



  リアの車高調整、目的と確認方法
  
  Rear Ride Height Adjustment



受診した人の要望が 「 リアの車高調整がしたい 」と「 トレール量と旋回性との関係を体感したい 」、「 オートバイの構造を理解して安全な運転を続けていきたい 」という事でしたから、オートバイの働く力学的作用を一つひとつボードを使って説明した後、実際に車両を調整して走行確認を行ない、その変化を体験しながら調整を進めていきました。更に、その調整と走行確認の様子を動画で撮影して、『 クリニック 』を受診する事が出来ない全国の多くのライダーに届けられる様に、セッティングの様子も動画でお届けします。






『 間違いだらけの車高調整 』  Correct Rear Ride Height Adjustment


オートバイの専門誌やWebサイトでは、「 リアの車高を高く設定して、機敏な運動性能を狙ったセッティングがしてある 」とか、「 リアの車高を低く調整して、足つき性能を向上させている 」などと書かれているのをよく目にします。しかし、これらの文章を書いた者は、車高調整の本来の目的を全く知らないか、或いはライダーの安全を完全に無視している事を私達は知っておかなければなりません。   

つまり、リアの車高は乗車時のスイングアームの垂れ角ですから、オートバイの安定性と適正な運動性能を保障するリアの車高(スイングアームの垂れ角)は、実は、たった一つしかない事が明らかだからです。その事を下記の図で説明します。
 
       

   
 
図が示しているのは、リアタイヤが駆動されて回転し、そのアクスルシャフトがスイングアームを前方へと水平方向に押し、その力(赤色の矢印 / 推進力)によって車体が前方へと進む力と、スイングアームを車体に固定しているピポット部を上方へと押し上げる力(ピンク色の矢印 / リアサスペンションを伸ばそうとする力)が働く様子を示しています。 
そして、それと同時に、車体を前方へと押し進める力(加速度)によって、車体荷重が前方から後方へと移動して スイングアームピポット部を押し下げる力(青色の矢印 / リアサスペンションを沈めようとする力)が働く様子を図で示しています。   

この時、スイングアームピポット に対して上下方向に働く力に注目すれば、どちらかの力がもう一方の力よりも大きいと、どちらの場合でもリアサスペンションの作動を妨げる力として働き、リアタイヤのグリップが適正に保たれなくなります。

従って、リアの車高調整の目的は、スイングアームの垂れ角を調整して、ピポット部に働く上下方向の二つの力が等しくバランスする様にする事です。 それによって、リアサスペンションの作動を妨げる力は働かず、バンクさせて加速している場面でも、路面の凹凸やギャップによってリアタイヤのグリップ力を適正に保つ事が可能になるのです。そして、それを実現させる適正なリアの車高( バランス点 / スイングアームの垂れ角 )は一つしかない事も正しく理解して調整を行なう必要があるのです。
 
 

  
 
特に、バンク中に加速する際、加速する力によってリアサスペンションが適正に作動しない状態になれば、必ずリアタイヤのグリップ力は失われ、最悪の場合には転倒を招く事になりますので、リアの車高調整はバンクさせた状態で加速した時のリアタイヤのグリップ感や挙動を確認して行なう必要があります。   
 
つまり、オートバイのリアタイヤのグリップを常に適正に保ち、どんな場面でも安全を保つ為には、必ずピポット部での力のバランスを取るためのリアの車高調整を行なう必要があります。そして、バランスがとれる調整位置を無視して、高目の調整をしたり、足つき性の為に低く調整する事は安全性を無視した間違った行為なのです。







インストラクター:小林 裕之
  
Instructor : Hiroyuki Kobayashi






* * *  次ページでは 『 リアのダンパー調整 』の報告です * * *
The theme on the next page is "Rear Damper Adjustment".

前ページへ移動します
次のページへ移動します




わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」を送信される方には説明を返信しますので、利用してください











【 関連する記事、資料 / Related and Reference Articles






メニューページ へ移動します サイトマップページへ移動します
GRA代表・小林 紹介のページへ移動します

オートバイの基本講座のページへ移動します
  
用語辞典へ移動します

ポリシーページへ移動します
コラム一覧ページへ移動します
前ページへ戻ります


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.