このエントリーをはてなブックマークに追加


オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します

オートバイの
常識と非常識
  
Common
Sense
& Insane

タイヤ は、最も大切な部品ですが、そのタイヤの製造日(年週)や保管方法については厳密な決まりがなく、また、交換作業によってトラブルが発生する可能性は広く告知するべきです

Tires are the most important part, but there are no strict rules regarding their manufacturing date (year/week) or storage method, and the possibility of trouble occurring due to replacement work should be widely publicized.


ハンドルの'振れ' 止めるには?

To Stop
Steering Vibration


フロントタイヤ直後から、ハンドルの‘振れ’に悩まされている方から、
対処方法についての問い合わせがありました



【 質 問 】 Question


新車購入より1.4万キロ程度走行し、この度純正タイヤ(ダンロップロードスマート3)からピレリのAngel GTIIに前後タイヤを交換しました。 ところが、交換直後から60-80kmの速度域においてハンドルが振れる現象が起きています。 ハンドルが暴れるほどでは無いですが、手に震えが伝わってくる状態で、高速でスピードを上げられるのか不安に思っています。
こちらの講義を拝見し、フロント&リアのサスペンション調整の重要性を学んだのですが、こうしたハンドルの振れもサスペンション調整で解消できるものでしょうか?
なお、タイヤは専門店で交換していただき、バランス調整もしてもらっています。また、車体は転倒やホイールヒットも一度もありませんし、パーツもチェーンとリアスプロケットを変更した以外はフルノーマルです。 是非、このハンドルが振れる現象の修正方法をご教示ください。宜しくお願い致します。

            ( 車両 / vehicle: 2021 model, CB1300SB・Super Boldor

After purchasing a new car, I drove it for about 14,000km and then replaced the front and rear tires with Pirelli Angel GTII. Immediately after the replacement, the steeringbars began to shake at speeds of 60-80km/h. It's not so bad that the steeringbars shakes violently, but I can feel the tremors in my hands, and I'm not sure if I'll be able to pick up the speed.
If this kind of steeringbars shake can be resolved by adjusting the suspension, please let me know how.



ホンダ CB1300 SB、HONDA SC-54











【 回 答 】・簡潔編  Concise Answer


オートバイの細かな変化を感じ取り、安全なライディングを楽しむ為に、その対処方法をきちんと考えておられる事に、心より共感致しました。きっと、オートバイも幸せに感じていると思います。
では、お寄せ下さった質問内容に応じて、対策案を用意致しましたので、是非、参考にしてください
なお、ご不明な点などがあれば、改めて対応を致しますので、ご連絡をお待ちしております

I truly sympathize with you that you are aware of the minute changes in your motorcycle and are thinking properly about how to deal with them for safe riding. Now, we will provide you with some suggested countermeasures in response to your questions, and we hope you will find them useful! If you have any questions, please do not hesitate to contact us.

            *  *  *  *  *  *  *


こんにちは B さん

この度は、新車購入後、初めて前後タイヤを交換した直後から、特定の速度域でハンドルの“振れ”が発生している事について、その原因の解明から対策案を、「簡潔編」に始まり、より詳しく解説した「詳細編」などに分けて、以下の通り紹介します。

The following is a list of suggested countermeasures to "vibration", beginning with a "Concise" section, followed by an "Explanation" section, and so on.


1. タイヤの確認 / Check Tires

最初にお勧めする事は、タイヤの状態の確認です。詳しくは「詳細編」で述べますが、「タイヤのビードの状態(ビードシーティング)」と「回転方向(ローテーション)」、そして「タイヤのエア圧」の確認です。

The first thing we recommend is to check the condition of the tire bead (bead seating), the direction of rotation, and the tire air pressure. Please see the "Explanation" section for details.


2. 相談または再調整 / Consultation or Readjustment

タイヤの確認の後で、信頼のできる専門店かショップへ行き、経緯を説明した上で具体的な処置の相談をするか、または、ホイールバランス調整を改めて行なう事をお勧めします。

After checking the tires, we recommend that you go to a trusted specialty shop, explain the process and consult with them, or have the wheels balanced again.


3. サスペンション調整 / Suspension Adjustment

最後に、ご質問にあった、サスペンション調整による“振れ”の解消についてですが、全くお勧めできない事を伝えます。その理由は、組み込んだタイヤの状態が正常ではない事が今回の“振れ”の原因になっている可能性が高いからです。タイヤは、オートバイの中で最も重要な部品ですから、最初にタイヤの状態を最善な状態である事を確保すべきですし、タイヤ交換前に“振れ”は無かったとすれば、尚更、サスペンションの責任ではないと判断できるからです。

Finally, we would like to inform you that we do not recommend suspension adjustment to solve the "vibration" at all. The reason for this is that there is a high possibility that the "vibration" is caused by a tire that is not in good condition. Tires are the most important component of a motorcycle, so you should first ensure that the tires are in the best condition possible. Also, if there was no "vibration" before the tire replacement, it is even more likely that the suspension is not responsible.


ピレリ Angel GTU、PIRELLI




 
 

【 回 答 】・解説編  Explanation


タイヤの状態の確認に必要な知識と目的を、以下の通り、順に解説します
なお、ハンドルの“振れ”であっても、前輪が原因とは限りません
後輪のタイヤが原因でハンドルが振れる事もあります

The following is a step-by-step explanation of the knowledge
and purpose of checking tire condition. Note that
"vibration" of the steeringbars is not always caused
by the front wheel. It can also be caused by the rear tires.

  
   
『 ビード / Bead 』

タイヤにとって、一番重要な箇所がホイールと接している部分の“ビード”です。多くの人は、トレッドのパターンや材質に注目しますが、タイヤがタイヤとしての形や機能を保てるのはビードがあるからですし、タイヤが受ける大きな荷重(力)の殆どを受け止めているのがビードです。ですから、ビードの状態が悪ければ、例え新品のタイヤであっても、正しく機能しない事を理解する必要があります。

The most important part of a tire is the "bead". Many people focus on the tread, but the bead is what allows a tire to maintain its shape and function as a tire. In addition, the beads absorb most of the large load (force) that the tire receives. Therefore, you need to understand that if the bead is in poor condition, even a new tire will not function properly.
   

タイヤの構造概略図と名称 /   
  
  

『 ビードシート / Bead Seat 』

そのビードの指定席と言える場所が、ホイールにある“ビードシート”です。特に、チューブレスタイヤの場合は、“ハンプ”と呼ばれる小さな突起と“リム フランジ”の間の部分がビードシートになります。そして、ビードシートの形状は工業規格で決まっていて、同じく規格に沿って作られているタイヤの“ビード”とぴったりと合う様に作られています。つまり、ビードシートに異物が付着していたり、変形していると、タイヤは本来の機能を適切には発揮できません。

The place that can be called a reserved seat for the bead is the "bead seat" located on the wheel. In particular, for tubeless tires, the bead seat is the area between the small protrusion called the hump and the rim flange. The shapes of the bead seat and bead part are made according to industrial standards to ensure a perfect fit. In other words, if the bead seat has foreign matter attached to it or is deformed, the tire will not be able to perform its original function properly.
   

ホイール・リムの断面図と 各部の名称 / Wheel/Rim cross section and Name of each part  
  
 

『 ビードシーティングの確認 / Check Bead Seating 』

“ビードシーティング”とは、ビードがビードシートに正しくはまる事、或いは、はまっている事を確認する際に使われる言葉です。そして、その確認方法は、下図に示した通り、タイヤのサイドウォールにある細い線が“ビードシーティング確認ライン”ですが、そのラインとリムフランジ との間隔がタイヤ全周にわたって一定である事を目視で確認します。つまり、前後のタイヤ、左右で 4ヶ所の確認が必要です。仮に、目視で一定間隔でなければ、タイヤは正しく組み付けられておらず、正常に機能を発揮できず、“振れ”の原因になる可能性もあります。

“Bead seating” is a term that refers to the fact that the bead fits correctly into the bead seat. As shown in the figure below, the thin line on the sidewall of the tire is the "bead seating confirmation line", and visually check that the distance between that line and the rim flange is constant over the entire circumference of the tire. Check with. In other words, for a motorcycle, he needs to check four places: front and rear tires, left and right. If the distance is not consistent, the tire is not assembled correctly and will not function properly, possibly causing "vibration".
 

ビードシーティング確認ライン / Bead seating confirmation line  
 
 

『 回転方向の確認 / Check Direction of Rotation 』

殆どのタイヤは、その設計時から回転方向を考えて作られています。特に、トレッドパターン(溝)がある場合は、排水性や騒音特性、グリップ性能や耐摩耗性など、正規の回転方向に組み付けられている場合に適切に機能する様になっています。確認方法は、タイヤの左右どちらかのサイドウォールにある“ローテーションマーク”(矢印)が、前進時のホイールの回転方向と同じになっているかを確認します。仮に、そうなっていない場合は、タイヤの組み付けミスですし、騒音や振動の原因となる可能性があります。

Most tires are designed with the direction of rotation in mind. In particular, tires with a tread pattern (grooves) are designed to function properly in terms of drainage, noise, grip, and wear resistance when used in the proper direction of rotation. To check, check that the "rotation mark" (arrow) on either sidewall of the tire is in the same direction as the wheel rotation when moving forward. If they are not, the tires are incorrectly assembled and may cause noise and vibration.

    
タイヤ ローテーションマーク / Tire Rotaition Mark PIRELLI
  
  
  

『 タイヤのエア圧の確認 / Check Tire Air Pressure 』

タイヤの機能・性能を適切に発揮させる為に、“ビードシーティング”と“回転方向”の次に大切なのが“エア圧”です。車輛メーカーが指定のエア圧は、本来、純正タイヤを装着した場合の推奨数値ですが、一旦、その推奨数値になっている事を確認して下さい。特に、その数値より 20%以上低いエア圧で走行すると、振動や騒音の他に、タイヤとしての適切な機能を発揮できません。

Next to "bead seating" and "direction of rotation," "air pressure" is the most important factor to ensure proper tire function and performance. The air pressure specified by the vehicle manufacturer is the recommended value for a genuine tire, but once you have confirmed that the air pressure is the recommended value, make sure that it is at the recommended value. In particular, if the air pressure is more than 20% lower than the recommended value, the tire will not function properly as well as cause vibration and noise.

  

以上、タイヤの外観から確認できる事と簡単な対策案をお伝えしました
以下は、それでも解決しなかった場合に備えて、より詳細な知識をお伝えします

Above, we have explained what you can check from the outside of the tire
and some simple countermeasures. Below, we will provide more
detailed knowledge in case this does not solve the problem.





【 回 答 】・詳細編    Detailed Answer


「簡潔編」と「解説編」の回答で解決できるのがベストですが、それでも、解決しなかった場合に備えて、タイヤ交換に関連する事で発生するハンドルの“振れ”の原因について、一覧表にまとめています。解決しなかった場合には、是非、参考にして下さい。また、改めての、経過状況や問合せも戴けると幸いです。

The following is a list of possible causes of steering wheel "vibration" caused by things related to tire changes. We believe that it will be of help to many people.
  
  
※ この表は、カーソルを合わせると拡大表示されます
Move the cursor over the table to enlarge it.

タイヤ交換による車体振動の主な原因、 Possible main Cause of Tire Replacement and Body Vibration
※ この表は、カーソルを合わせると拡大表示されます
Move the cursor over the table to enlarge it.

 

『 生産年週の確認 / Check Production Year Week 』

タイヤは、他のゴム製品と同様に、製造された直後から劣化が始まります。劣化の原因の一つは、自然光や蛍光灯の光に含まれる紫外線ですが、例え、光が全く当たらない様にしていても、ゴムの中に含まれる油成分が揮発していく事によって必ず劣化します。従って、タイヤを購入する際は、タイヤの製造日記録“製造年週”の確認が大切です。

Tires, like other rubber products, begin to deteriorate immediately after they are manufactured. One of the causes of deterioration is ultraviolet rays contained in natural light, but even if you do not expose it to any light at all, the oil components contained in the rubber will evaporate and cause deterioration. Therefore, when purchasing tires, it is important to check the tire's manufacturing date record (year/week of manufacture).

タイヤの製造年週コード、 Manufacture Year/Week

確認の仕方は簡単です。 タイヤの左右どちらかのサイドウォールに“4ケタの番号”が刻印されており、その“下2ケタ”が西暦年号の「下2ケタ」を表し、“上2ケタ”がその年の「何週目」なのかを表しています。食品の様に賞味期限を定めた法律はありませんが、3年以内の出来る限り新しいタイヤを選ぶ事をお勧めします。

It's easy to check. A ``4-digit number'' is engraved on either the left or right sidewall of the tire, the ``lower 2 digits'' of which represent the year, and the ``upper 2 digits'' represent the week of the year. ”. Although there is no law that stipulates expiration dates like food, we recommend choosing tires that are as new as possible within three years.

タイヤの製造年週の確認、 How to check Manufacturing Year/Week







 YOKAI's Room     Reference Experience Stories


僕はタイヤ交換については、特別に大きな拘(こだわ)りを持っています。それは、単純に「タイヤ交換」だけをしているとオートバイの寿命を確実に縮め、操縦性や安定性を劣化させ、燃費さえ悪くする事を知っているからです。ここでは、タイヤ交換時に行なっている事を、タイヤ交換以外、簡単に、行なっている順番で紹介します。きっと、オートバイの性能や安全性を最適に保つ事に関心のある人には、参考になる事があると信じています。

I have a special obsession with changing tires. This is because I know that simply changing tires shortens the life of the motorcycle, deteriorates handling and stability, and even reduces fuel economy. Here is what we do when we change a tire, in the order in which we do it, except for the tire change, which is simple. I am sure that anyone interested in maintaining optimal motorcycle performance and safety will find it helpful.

 
 
 
[ ビードシートの清掃 / Cleaning the Bead Seat ]

ホイールのビードシートは、タイヤのゴム成分や組込み時に使用する潤滑剤が必ず付着・堆積しているうえに、時にはアルミ特有の錆が発生しているため、タイヤの性能を100%発揮させるには、クリーニングは必ず必要です。

Cleaning the bead seat of a wheel is always necessary to ensure 100% tire performance because the bead sheet is always covered with rubber components and lubricants used during assembly, as well as rust, which is sometimes characteristic of aluminum.

ホイールのビードシートのクリーニング、 Cleaning the Bead Seat   
 
 

[ ホイールベアリングの確認 / Checking Wheel Bearings ]

「ベアリングの命がオートバイの命」と言える程、ベアリングのコンディションはオートバイのコンディションを大きく左右します。そして、ベアリングのコンディションの確認は“触診”でしか判断できないので、タイヤ交換の時に必ず行なうべき作業です。その確認方法は簡単です。ベアリングに指を指し込み、ベアリングの内輪が軽くスムーズに回転するかを確認するだけです。回転がスムーズでなかったり、重く感じる様になれば、当然、交換をします。

The condition of the bearings greatly affects the condition of the motorcycle, so much so that it can be said that "the life of a motorcycle is the life of its bearings. Therefore, checking the condition of the bearings should always be done when changing tires. The method for checking the condition is simple. Simply point your finger into the bearing and check that the inner ring of the bearing rotates lightly and smoothly. If the rotation is not smooth or the tire feels heavy, it should be replaced.

ホイールベアリングの回転摺動の確認、 Checking Rotation of Wheel Bearings
   
 
 

[ グリスの交換、リップの確認 / Grease Replacement and Checking the Lip ]

ホイールベアリングとオイルシール(ダストシール)の間には、オイルシールの摩耗を防ぎ、内部にあるベアリングの性能劣化を防ぐ為にグリスが塗布(封入)されていますが、このグリスは最も劣化が早い油脂の一つです。だから、オイルシールの摩耗を防ぎ、ベアリングを守る為に、エンジンオイルの交換サイクル以上に、タイヤ交換などの機会を利用して頻繁にグリス交換を行なっています。同時に、ホイールカラーと接触しているオイルシールのリップ部を触り、摩耗度や弾力などの確認を行ない、必要があれば交換しています。

Grease is applied between the wheel bearings and oil seals to prevent wear of the oil seals and performance deterioration of the bearings inside, but this grease is one of the oils that deteriorates the fastest. Therefore, in order to prevent oil seal wear and protect bearings, grease replacement is performed more frequently than the engine oil replacement cycle, taking advantage of opportunities such as tire replacement.
At the same time, we touch the lip of the oil seal that is in contact with the wheel collar to check for wear and elasticity, and replace it if necessary.

ホイールのグリス交換とオイルシールの確認、Replacing Wheel Grease and Checking Oil Seals    
 
 

[ ホイールカラーの確認 / Checking Wheel Collar ]

オイルシールと常に接してこすられ続けているホイールカラーは、金属部品の中で、最も早く損耗が確認できる部品です。溝状の損耗が進み過ぎると、内部のベアリング部への埃や水の侵入が防げないので、必要に応じて交換をします。

Wheel collars, which are constantly rubbing against the oil seals, are among the metal parts that show wear and tear most quickly. If the groove-shaped wear becomes too severe, dust and water cannot be prevented from entering the wheel, so it should be replaced as necessary.

  
 
 

[ フロントフォークの整列 / Front Fork Chiropractic Treatment ]

殆どのオートバイが採用している、テレスコピック形式のフロントフォークは、優れた操縦性が得られる構造的な特徴を持っていますが、同時に、例え、転倒などの大きな衝撃を与えなくても、整列が狂い易い欠点を持っています。そして、この整列が狂うと、ターン時の操縦特性が左右で異なる原因にもなる為、タイヤ交換などの機会を利用して頻繁に調整を行なっています。

Telescopic front forks have structural features that allow them to provide excellent maneuverability, but at the same time, they have the disadvantage that they tend to become misaligned, even if they are not subjected to a major impact such as falling. If this alignment is disrupted, the steering characteristics will differ between turning to the right and turning to the left, so adjustments are made frequently using opportunities such as tire changes.

[ 前後のタイヤの整列 / Chiropractic for Front and Rear Tires ]

自動車のタイヤ交換とは異なり、オートバイのタイヤ交換では、多くの場合、前後のタイヤの整列が狂い易い構造になっています。この整列が狂うと、旋回時の操縦性が左右で異なったり、タイヤの編摩耗の原因になるので、タイヤ交換時には必ず前後のタイヤの整列作業を行ないます。

When changing tires on motorcycles, the front and rear wheels often become misaligned. If this alignment is out of order, maneuverability will differ between right and left turns, and the tires will wear unevenly, so when changing tires, I always align the front and rear tires.

フロントフォークと前後タイヤの整列作業、Chiropractic for front forks and frot and rear tires








解説記事と画像 :小林 裕之
  
Texts and images : Hiroyuki Kobayashi





わからない用語は、ページ下段の【用語の解説辞典】で確認できます
「質問」のある方は、下記の『 質問募集ページ 』をご利用ください


【 関連する記事、資料 / Related and Reference Articles

  『タイヤ交換の常識の“非常識”』
Yokai Garage Maintenance Event Report
  タイヤ交換はエンジンオイル交換の次によく経験する整備です
が、その作業でオートバイの寿命が短くなる場合があるのです

  オートバイの整体、基本と調整作業
Motorcycle chiropractic, basics and adjustment
  オートバイの整体は、人間と同様に骨格を正しく調整する事ですが、製造時や販売店整備では行なわれず、多くの不具合の原因に


  <Q&A> タイヤの空気圧調整は?
FAQ About Tire pressure adjustmentl
  操縦性と安全性に大きな影響を与える、タイヤの空気圧調整、
知識と理解不足で、多くの人が最適な空気圧を見過ごしています








クリエイティブ・コモンズ・ライセンス ページ中の画像は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています
文章等は許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.