前ページに戻る 前ページに戻る メニューページへ移動する メニューページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

  GRA  

いつまでも、楽しく、安全な、オートバイライフの
環境作りに必要な事を、4項目に分けて解説します

  オートバイ基本講座「心」のページへ移動します オートバイ基本講座「技」のページへ移動します オートバイ基本講座「体」のページへ移動します オートバイ基本講座「バイク」のページへ移動します  

 トラ君・闘病記 (妖怪のつぶやき より)

その1)



『 8月14日、急に動けなくなった !


 

お盆の中日、8月14日、それは急にやってきた。

前日に行なわれたイベントに、片道 76q 自走して参加して、イベントでも 30q ほど
走り回り、帰路も全く元気だったというのに、翌日、急に動けなくなってしまったのだ。

もちろん、人間の事ではなく、ずっと年式は若いトラ君(トライアンフ)の事だ。
キーを回してセルボタンを押しても、ウンともスンとも言わない。
みれば、昨日まで元気だったバッテリーがあがって(完全放電して)しまっている。



新車で購入して以来、病気(故障)らしい事は一度も無いほどに健康体だったのに。

「 一体、どうしたんだ!」

確かに、6年以上、屋内放置していたのは僕のせいだ。
それが原因で、標準のバッテリーを完全放電させてしまって使えなくしてしまったのも
僕のせいだ。

でも、6月に車検を取り直すのに合わせて、新しくリチウムイオン電池に交換してからは、
ずっと元気に走ってくれていたから面食らった。
本当ならば、この時にきちんと 精密検査してやればよかったのだが、

「 リチウムイオン電池の問題かな? 」

と安易に判断をして、予備に手配していた リチウムイオン電池に交換。
即、エンジンは快調に始動して出かける事が出来た。
そうやって、8/14〜8/16 のお盆休み期間は、全く問題無く過ごせたので、後になって
から色々と大変な目に遭うとは全く想像していなかったのだった。


<つづく>



『コラム一覧』ページへ移動します
次のページへ移動します



許可無く転載することを禁じます / Copyright GRA All Rights Reserved.